このページの本文へ

8cm角ファンを外付けに!USB電源変換ケーブル付きファンが発売中

2004年05月12日 21時29分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
A2019 変換ケーブル
外付けで使用する8cm角ファンと「Mobilefan II+External USB Cooling Fan(型番:A2019)」製品そのものよりも、むしろ付属の変換ケーブルが珍しい

 Thermaltakeから、外付けで使用可能な8cm角ファンというユニークな製品「Mobilefan II+External USB Cooling Fan(型番:A2019)」が登場した。そもそも外付け用ケースファンいう製品自体珍しいが、USB(Aタイプオス)-2pin変換ケーブルが同梱されており、USBの給電機能のみを利用し電源を取るようになっているのもユニークな点だ。Thermaltakeのウェブサイトを見ると、ノートPCとともに持ち歩き本体を冷却する、あるいは手元に置いて汗ばむ手を冷やすという使用法が想定されているようだ。



ファン本体 スペック
ファン本体に取り付けられたファンコントローラにより回転数の変更も可能スペック表。最大回転数は3000rpm。その際の騒音値は32dBAとなる

 パッケージは、両面ともファンガードを装着した8cm角25mm厚ファンと最大180cmまで伸びる巻取り式のUSB-2pin変換ケーブルという内容。使い方はそれらをそのまま接続するだけというシンプルなもので、ファン本体に取り付けられたファンコントローラにより回転数の変更(1300rpm/13dB~3000rpm/32dB)も可能だ。なお、パッケージによると8cm角ファンは動作時には青く光るようになっているとのこと。
 ちなみに、製品そのものよりも、むしろ付属の変換ケーブルが珍しいといえる製品だが、前述のようにファン側のコネクタ形状は2pinとなるために、ほとんど汎用性はない。販売しているのはOVERTOPで、価格は2680円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ