このページの本文へ

Pentium 4対応ACアダプタ電源に150Wモデルが登場!もちろん完全ファンレス仕様!

2003年09月03日 21時17分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
150Wモデル
BONA ComputechのACアダプタ電源に最大容量となる150Wモデル「PW150A2」が登場

 発売当初の60Wから110Wと、徐々に容量を上げつつあるBONA ComputechのACアダプタ電源に、ついに最大容量となる150Wモデル「PW150A2」が登場した。販売しているのはOVERTOPで価格は、1万8991円。今回も、もちろん完全ファンレス仕様となっている。



アダプタに貼られたシール 変換基板
ACアダプタに貼られたシールには150Wの文字が確認できる変換基板などは110W出力のモデルと酷似している(上が150Wモデルの基板)
マウンタ 大きさ比較
ケースに固定するためのマウンタ電源容量が150Wに到達したとはいえ、ACアダプタ本体はかなり大型化してしまった

 製品構成は、従来のモデルと変わらずACアダプタ電源のほか、スチール製のマウンタに取り付けられたATX電源変換基板、ケーブル類の他、ケースに固定するためのマウンタとなる。今回電源容量が150Wに到達したとはいえ、ACアダプタ本体はかなり大型化してしまった。完全ファンレスという仕様を従来のシリーズから受け継いでいるため、構造状しょうがないのかもしれない。もっとも見た目の上で変わった点はその程度で、変換基板などは110W出力のモデルと酷似している。
 先日ATX電源互換サイズの完全ファンレス電源が相次いで発売され話題となったが、こちらは約4万円とかなり高価だ。今回の「PW150A2」ようにACアダプタサイズで静音性も重視するユーザーにとっては、注目の製品となるだろう。 



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ