このページの本文へ

Pentium 4対応ACアダプタ電源が完全ファンレスになって再び登場!

2003年05月16日 23時55分更新

文● HINOMOTO

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
完全にファンレス 旧モデル(上)との比較
完全にファンレス化されたACアダプタ旧モデル(上)との比較

 BONA Computechから、完全ファンレスのPentium 4対応ACアダプタ電源「8PPW004110U00」が発売された。同社からは以前同じくACアダプタ電源として「8PPW004120U00」が発売されているが、今回のモデルチェンジで完全ファンレス化されているのが特徴だ。



ACアダプタの型番 変換基板
ACアダプタの型番は120Wタイプと同じようだ変換基板を通過した後の出力が120Wから110Wに変更されている

 今回もACアダプタと変換基板を組み合わせた製品構成は変わらず、「8PPW004120U00」からの変更点はACアダプタからファンが省略され、変換基板を通過した後の出力が120Wから110Wに変更されている点だ。ACアダプタ自体は、ファンが省略された以外にはスペック上の変更点は見当たらず、最大出力も125Wのまま。最終的な出力が110WになったのはACアダプタの発熱を抑えるための処置と思われる。付属品の構成も「8PPW004120U00」と同じでATX12Vを含むケーブル類の他、ケースに固定するためのマウンタが付いている。近々登場がウワサされるMini-ITXサイズのPentium 4マザーを使用すれば、ついにPentium 4搭載の完全ファンレスPCが可能となる。価格はOVERTOPで1万7800円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ