このページの本文へ

1万円を切った容量120WのACアダプタ変換キット「LP120ACDC」が発売に

2004年12月17日 23時19分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Linpo Japanから、容量120WのACアダプタ変換キット「LP120ACDC」が登場した。いままでにも似たような製品は発売されているが、販売している高速電脳では価格9980円と安価なのが特徴だ。

電源変換基板
変換キット「LP120ACDC」に同梱される電源変換基板。Pentium 4用4ピンコネクタも装備する
製品構成
製品構成は、ACアダプタ電源(120W)のほか、電源変換基板、ケーブル類というシンプルなもの

 製品構成は、ACアダプタ電源(120W)のほか、電源変換基板、ケーブル類というシンプルなもの。取りつけ方法もマザーボードと変換基板を20ピン電源ケーブルで繋ぎ、変換基板にACアダプタを接続するだけと、いたって単純だ。もちろん、なんでもかんでも変換できるというわけではなく、パッケージ裏面に動作確認マザーボードリストが掲載されている。それによるとVIAの「EPIA」シリーズが中心となるようだ。最近流行のPentium Mと組み合わせて、などと考えたくもなるが、その場合はノーサポート。あくまでも使用は自己責任となるので注意してもらいたい。

ACアダプタ マザーボードリスト
ACアダプタ電源(120W)パッケージ裏面に動作確認マザーボードリスト。VIAの「EPIA」シリーズが中心となるようだ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ