このページの本文へ

ATX電源互換サイズのドイツ製完全ファンレス電源が発売!

2003年06月17日 22時22分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
proSilence FANLESS 350 お値段はこの通り

 独Silent sytems社“Silentmaxx”ブランドの完全ファンレス電源「proSilence FANLESS 350(型番:PCS-350)」が本日日本上陸、販売が開始された。国内代理店はメモリでお馴染みのITC。ファンレス電源といえばACアダプタと変換基板を組み合わせたBona Comptech製品がこれまで発売されているが、今回の製品の最大の特徴は一般的なATX電源をベースにファンレス化したものという点だ。



でかい! こうなります
本体背面のほとんどを巨大なヒートシンクが占めるケースに取り付けるとこのようにヒートシンクが飛び出す。干渉して取り付け不可能なケースも存在するはず
ラベル パッケージ
製品ラベル。容量は350Wと一般のATX電源と比べても遜色ない電源らしからぬ横長のパッケージ

 ATX電源の冷却ファンの代わりに巨大なヒートシンクを取り付けたというのがその仕組み。当然、容量はATX電源同等の350Wで、ケース取り付け用のネジ穴の位置を始めとする本体の各寸法もATX電源そのままとなっている。直接換装するだけで電源をファンレス化でき、ACアダプタ流用タイプのように容量不足がネックになる心配も少ないということになる。
 ただし問題は、本体外に大きく張り出しているヒートシンクが背面の面積のほとんどを占めているという事。よって電源部分の閉口部が狭いケースではヒートシンクと干渉して取り付けられない場合ががあるもとの思われる。
 価格は高速電脳で2万7800円、コムサテライト3号店とCUSTOMで2万9800円。容量を考えるとかなり高価ではあるが、大容量のファンレス電源ということで非常に興味深い製品といえよう。ちなみに本国での価格は219.95ユーロ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ