このページの本文へ

Soltekからも“KT600”搭載マザーボード!Serial ATAやRAID機能を搭載、ギガビットイーサネットカード付きモデルも!

2003年07月09日 23時46分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「SL-KT600-R」
「SL-KT600-R」

 本日、2製品発売されている“KT600”搭載マザーボードのもうひとつはSoltek「SL-KT600-R」だ。こちらは、同時に発売されたGigabyte「GA-7VT600-L」と異なり、Serial ATAやRAID機能を標準でサポートするのが特徴だ。



KT600+VT8237 ブラケット部
Serial ATA対応のコネクタは2つ搭載しているブラケット部の構成

 この製品は、組み合わされるチップセットが“KT600+VT8237”で、Serial ATA対応のコネクタは2つ搭載している(ケーブルも2つ付属)。RAID機能はRAID 0/1をサポートするが、イーサネット機能を搭載しない一風変わった仕様となっている。拡張スロットはAGP×1、PCI×6、DDR DIMM×3となり、オンボードインターフェイスは6チャンネル対応サウンドのみとなる。またマニュアルによるとオーバークロック機能は、FSBが100~200MHzの間を1MHz刻みで設定可能なほか、CPUコア電圧が1.100~1.850vの間を0.025v刻み、AGP電圧が1.5/1.6/1.7/1.8vの中から、メモリ電圧が2.5/2.6/2.7/2.8vの中からそれぞれ選択可能としている。価格はスーパーコムサテライトで1万2500円、高速電脳で1万3800円となっている。



Intel製ギガビットイーサネットカード バンドル版
Intel製ギガビットイーサネットカードギガビットイーサネットカードがバンドルされるというのは、めずらしい

 また今回SL-KT600-Rを取り扱う正規代理店ディラックの専用モデルとして、Intel製ギガビットイーサネットカードがバンドルされたモデルも発売されている。価格はスーパーコムサテライトで1万5800円、高速電脳で1万5980円となっており、イーサネットカード単体の価格(バルク版で約6000円程度)を考えると、かなりお買い得なモデルといえるだろう。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ