このページの本文へ

“KT600”搭載マザーボードが今度はAlbatronから発売に

2003年07月10日 21時19分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「KX600 Pro」
「KX600 Pro」

 昨日のGigabyteSoltekに続き本日はAlbatronから“KT600”搭載マザーボード「KX600 Pro」が発売された。組み合わされるSouth bridgeには、最新の“VT8237”を採用しているが、Serial ATA機能はサポートしていないなどGigabyte「GA-7VT600-L」に近い仕様となっている。



“VT8237” 3Comチップ
“VT8237”を採用しているが、Serial ATA機能は搭載していないイーサネット機能には3Comチップを採用

 仕様の方は、拡張スロットがAGP×1、PCI×5、DDR DIMM×3という構成に、6チャンネルサウンドと3Com製10/100Baseイーサネット機能と一般的なものだ。またマニュアルに記載されているオーバークロック機能は、FSBが100~233MHzの間で設定可能なほか、コア電圧が1.200~2.100vの間で、AGP電圧が1.5/1.6/1.7/1.8vの中から、メモリ電圧が2.5/2.6/2.7/2.8vの中から選択可能としている。Serial ATA機能をサポートしないモデルは、大きな変更点がFSB400に対応したところのみと、インパクトの薄い印象は拭えないが価格は安くなっている。販売しているのは、クレバリー1号店で9980円、スーパーコムサテライトで1万350円、USER'S SIDE本店で1万480円、TSUKUMO eX.で1万499円、ZOA秋葉原店で1万980円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ