このページの本文へ

AOpenの“Apollo KT400A”マザー「AK77-400N」が販売開始に

2003年05月02日 23時58分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
本体 パッケージ

 先月初めにサンプル版が姿を現したAOpen製“Apollo KT400A”マザー「AK77-400」。それから1カ月と意外に時間がかかった感はあるが、本日より販売が開始された。多機能版と省機能版の2つのバリエーションのうち、先行して登場したのは省機能版「AK77-400N」。



空きパターン メモリ制限
省機能版という事で空きパターンが目立つDDR333までなら最大容量は3GBだが、DDR400では2GBまでと制限がつく

 多機能版「AK77-400 Max」(サンプル版はこちらの仕様だった)に対し省かれたのはIEEE1394およびSerial ATAインターフェイスで、TI製“TSB43AB22”、Promise製“PDC20375”といったそれぞれのコントローラチップは搭載されず空きパターンとなっている。South Bridgeはサンプル版と同じく“VT8235”。
 残ったオンボード機能は10/100base-TXイーサネット機能と5.1チャンネルオーディオで、拡張スロットはAGP(8X対応)×1、PCI×6、CNR×1、DIMM×3。動作確認の取れているDIMMモジュールはAOpenのウェブサイトで公開されている。同じくAOpenのウェブサイトによればFSBは最大191MHzまで1MHz刻みで設定可能とされている。価格はスーパーコムで1万1950円(完売)、クレバリー1号店で1万1980円、コムサテライト3号店で1万2000円、TSUKUMO eX.で1万2779円、DOS/Vパラダイス秋葉原2号店 Prime館で1万2780円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ