このページの本文へ

オンラインゲームユーザー向けの“超”高級ギガビットイーサネットカード「KillerNIC」が発売

2006年12月16日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Bigfoot Networksというメーカーからオンラインゲームユーザー向けのPCI対応ギガビットイーサネットカード「KillerNIC」が発売された。今日から販売しているUSER'S SIDE本店では、価格4万7040円と“超”高級なギガビットイーサネットカードとなっている。

「KillerNIC」 「KillerNIC」
オンラインゲームユーザー向けのPCI対応ギガビットイーサネットカード「KillerNIC」。販売しているUSER'S SIDE本店では、価格がなんと4万7040円!“超”高級ギガビットイーサネットカードだ

 なんとも奇妙なデザインのヒートシンクを装備するこのギガビットイーサネットカードは、オンラインゲームにおいて400MHzのNPU(Network Processing Unit)と64MBのDDRメモリを搭載することでCPUへの負荷を下げるというもの。実際にどれほどの効果を発揮するかは不明だが、ゲーム用イーサネットカードというふれ込みはゲーマーにとっては気になるところだ。が、いかんせんこの価格。おいそれと手が出るものではなく、まずは国内ユーザーの人柱待ちということになりそうだ。

ブラケット部 「KillerNIC」
ブラケット部にはLANポートとUSB2.0ポートギガビットイーサネットコントローラーにはBroadcom製チップを採用する
「KillerNIC」 「KillerNIC」
はっきり言って実際にどれほどの効果を発揮するかは不明で、今後の報告待ちか……付属品にはF.E.A.R.も付く
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ