このページの本文へ

“KT600”搭載マザーの本命?!ASUSTeKの「A7V600」が一斉発売!

2003年07月11日 21時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「A7V600」 パッケージ
KT600”マザーの本命ともいえるASUSTeKの「A7V600」

 VIAのAthlon XP用新チップセット“VIA Apollo KT600”を搭載したマザーボードが、3日続けて発売されている。本日発売となったのはASUSTeK製「A7V600」だ。

 
VT8237 ギガビット
“VT8237”を採用しているためSerial ATA RAID機能をサポートする 3Comチップによるギガビット

 South bridgeには、“VT8237”を採用。Serial ATA RAID機能をサポートするほか、イーサネット機能には3Comチップによるギガビットを搭載している。そのほかオンボードインターフェイスとしては、SPDIF出力対応の6チャンネルサウンド機能となっている。
 拡張スロットはAGP×1、PCI×6、DDR DIMM×3のほかに同社独自の無線LANカードスロット「ASUS Wi-Fi wireless connector」も装備。お馴染みのBIOS修復機能“CrashFree BIOS 2”や、CPU過熱防止機能“ASUS C.O.P.”なども搭載している。FSBが100~255MHzを1MHz刻みで、AGP電圧がAUTO/1.5/1.6/1.7/1.8vからメモリ電圧がAUTO/2.55/2.65/2.75/2.85vの中から選択可能なほか、CPUコア電圧も変更可能なようだ。価格もSerial ATA RAIDやギガビットイーサネットなどの機能を搭載しながら、1万2000円中盤と比較的安価といえるだろう。

 
価格 ショップ
ASUSTeK
「A7V600」
\12,450 スーパーコムサテライト
\12,480 クレバリー1号店
\12,700 フェイス
\12,762 OVERTOP
\12,799 TSUKUMOeX.
\12,800 ZOA秋葉原店
\12,800 T-ZONE.PC DIY SHOP
\12,800 USER'S SIDE本店
\12,800(完売) 高速電脳
価格未定 DOS/Vパラダイス秋葉原2号店 Prime館
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ