このページの本文へ

データ変換研究所が個人向け全文検索エンジン『Akao パーソナル』を発表

2003年05月17日 23時05分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)データ変換研究所は、個人向け全文検索エンジン『Akao パーソナル』を23日に発売する。

『Akao パーソナル』は、Sambaサーバなどに保存した、WordファイルやPDF、画像ファイル中の文字などを含むすべてのテキストから全文検索を行なう検索エンジン。サーバ上でテキスト要素を抽出し、インデックスファイルを生成する。検索はWebブラウザを通じて行なう。今回発表されたバージョンは、小規模のネットワークを対象に、利用可能端末数を2台に制限することで、価格を引き下げたもの。小規模のオフィスやSOHO、個人ユーザー向けに販売される。動作環境は以下のとおり。

  • 対応OS……MIRACLE LINUX 2.0/2.1、Red Hat Linux 7.2/7.3/8.0
  • HDD……10MB+検索対象文書の2倍程度
  • メモリ……128MB以上
  • 対応Webブラウザ……Internet Explorer 4.0以上、Netscape 4.0以上

価格は2万4800円で、(株)テンアートニおよびぷらっとホーム(株)を通じて販売する。なお、8月末までは発売記念キャンペーンとして、特別価格1万9800円で販売する。

カテゴリートップへ

ピックアップ