このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ソニー、“バイオノート”春モデルを発表

2003年01月16日 14時59分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)は16日、ノートパソコンシリーズである“バイオノートFR”、“バイオノート505”、“バイオノートGR”、“バイオノートNV”の春モデル新製品を発表した。

バイオノート春モデルは、デスクトップと同様にオプティカルドライブが強化され、DVD±RWドライブを搭載したモデルが追加されている。また、アップデート情報を自動的に知らせるツール『VAIO Update Ver.1.0』が搭載される(VAIO Updateの詳細は別記事参照のこと)。

バイオノートFXからバイオノートFRへ

“バイオノートFR”は、従来モデル“バイオノートFX”の後継機となるA4サイズのスタンダードなオールインワンノートパソコン。シンプルで使いやすいこと、購入しやすい価格であること、スタンダードなデザインの3点をコンセプトに開発、本体デザインとカラーを一新し、基本性能も強化したという。今回発表されたのは、『PCG-FR55/B』、『PCG-FR33/B』、『PCG-FR33』の3モデル。

FR
本体デザインとカラーを一新したバイオノートFR。偏光パール入りの塗装が施されており、明るい場所ではキラリと輝き、暗い場所では落ち着いた色に見えるという

PCG-FR55/Bは、15インチXGA対応TFTカラー液晶ディスプレー(1024×768ドット/1677万色)を装備し、40GBのHDD(Ultra ATA/100)を搭載したモデル。PCG-FR33/BとPCG-FR33は14.1インチXGA対応TFTカラー液晶ディスプレー(1024×768ドット/1677万色)を装備し、30GBのHDD(Ultra ATA/100)を搭載したモデル。また、PCG-FR55/BとPCG-FR33/BはOffice XP Personalをプレインストールする。

いずれもCPUにAMD PowerNow! テクノロジー対応モバイルAMD Athlon XP-1800+を採用し、256MBのメモリー(DDR SDRAM)を搭載する。チップセットはVIA Apollo KT266Aで、グラフィックスアクセラレーターはNVIDIA GeForce 4 420 Go、ビデオメモリーは16MB。CD-RW/DVD-ROM一体型ドライブを装備しており、書き込み/読み込み速度は、CD-R書き込み16倍速、CD-RW書き込み10倍速、CD-ROM読み込み24倍速、DVD-ROM読み込み8倍速となっている。

外部接続端子は、USB 2.0×3、i.LINK(S400)、ネットワークコネクター(100BASE-TX/10BASE-T)、ステレオヘッドホン出力、マイク入力、AV出力、プリンターポート、外部ディスプレー出力、モデム用モジュラージャック。PCカードスロットはTypeIII×1またはTypeII×2(CardBus対応)、内蔵モデムは56kbps(V.90/K56flex対応)。ポインティングデバイスはインテリジェントタッチパッド。OSはWindows XP Home Edition。

バッテリーはリチウムイオンバッテリー。JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver.1.0)に基づくバッテリー駆動時間は2.5時間。本体サイズは幅329×奥行き274.5×高さ53mm、重量はPCG-FR55/Bが3.5kg、PCG-FR33/BおよびFR33が3.3kg。

発売日は、PCG-FR55/Bが3月8日、PCG-FR33/Bが1月25日、PCG-FR33が2月1日。価格はオープンプライスで、編集部による予想小売価格は、PCG-FR55/Bが19万円前後、PCG-FR33/Bが17万円前後、PCG-FR33が15万円前後。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン