このページの本文へ

ソフトバンク、12MbpsのADSL接続サービス“Yahoo! BB 12M”の試験サービスを開始

2002年06月27日 17時48分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトバンク・グループ、ビー・ビー・テクノロジー(株)、ヤフー(株)は27日、ADSL総合サービス“Yahoo! BB”において、下りが最大12MbpsのADSL接続サービス“Yahoo! BB”の試験サービスを7月1日に開始すると発表した。

“Yahoo! BB 12M”は、Yahoo! BBとIP電話サービス“BBフォン”に対応した新型コンボモデム『Yahoo! BB コンボモデム12M』を利用して提供するサービス。コンボモデムは回線状況に合わせて、ADSL規格の“Annex A.ex”、“Annex A”、“Annex C”を自動的に切り替える機能を搭載する。同社では、3月から実施している実証実験で、平均して下りが1Mbps程度高速化されたという。

7月1日に開始する試験サービスは、地域限定で新規に申し込んだユーザーのうち先着3000名を対象とするもので、“Yahoo! JAPAN”のウェブサイトで申し込みを受け付ける。対象地域はウェブで改めて発表するとしている。なお、試験サービスについては、8Mbpsの“Yahoo! BB 8M”からのサービス変更は受け付けない。

商用サービスも予定しており、試験サービスの検証結果を基に、8月1日に受け付けを開始する予定。利用料金は、ADSLサービス料が月額1190円、モデムレンタル料が月額890円、ISPサービス料が1290円の計3370円。“Yahoo! BB 8M”より400円高くなる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン