このページの本文へ

ド派手な直方体の銀箱入りGeForce4 MX440カードが韓国から上陸!

2002年03月16日 22時30分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
JN680/64T
「パッケージ」。INTERPEEDロゴの上に描かれているのは“目”のイラストだ

 「酒…、焼酎とか入ってそうですよね」「フィギュアのケースそのものなんですけど…」
 韓国Jace Techから、ひと目でそれと分かるド派手な銀色パッケージに入ったGeForce4 MX440カード「JN680/64T」が、パッケージに遅れること2日で登場した。早くも店員諸氏の間からは、これまで見たことのない斬新なパッケージについてさまざまな意見が寄せられている。



パッケージを裏側から

 テカテカと光る銀色のパッケージは直方体。従来のJace製品と同様、外側からカードを覗き見ることができるようになっている。奥行きの分表面積を稼いでいる銀色はビデオカード売り場で異彩を放っており、ひと目でそれと確認可能。同じく韓国ベンダであるSUMAもパッケージの装飾には凝っているが、韓国ではまず見た目で他社製品を圧倒するのが主流なのかもしれない。このあたり、平気でパッケージを流用する台湾とは明らかに考え方、文化の違いを感じ取れる。



表記ミス
韓国語パッケージの上に丁寧、詳細な日本語スペックシートが貼られている。一部にミスがあるのはご愛敬だ
カード

 カードレイアウトは独自設計。オリジナル基板を採用するGeForce4 MX440カードが登場したのはJN680/64Tがはじめてである。64MBのVRAMを64Mbit品で用意している点をはじめ、リファレンスとは大きく異なっており、どちらかといえばGeForce2シリーズに近いデザインだ。



MADE IN KOREA パッケージ内部 分厚いマニュアル
カード上には“MADE IN KOREA”の文字がパッケージを開けて中を見ると、カードとそれ以外が分かれて入っている同梱の、分厚く懇切丁寧な日本語マニュアル。左の写真、大きい方の箱にドライバとともに入っている
販売中

 分厚く、懇切丁寧な日本語マニュアルを同梱し、価格はTSUKUMO eX.で1万4979円、クレバリー1号店で1万4980円。特にゲームなどは付属しないものの、それこそ酒やフィギュアを飾れそうなパッケージは一見の価値ありと言えるだろう。



同じ韓国ベンダのSUMAからもGeForce4 MX440カード
台湾のLeadtekからはオリジナル基板採用のGeForce4 MX420カードが

PLATINUM GeForce4 MX440 WinFast A170 SDR TH

 なお、同じく韓国ベンダであるSUMAからもGeForce4 MX440カード「PLATINUM GeForce4 MX440」が登場。いつものプラスチック製パッケージ入りで、今回は白が貴重となっている。オーバークロック動作をウリのひとつにしている同社製品らしく、スペック上200MHz動作であるVRAMチップに4ns品を搭載しており、これを魅力に感じる人も少なくないだろう。
 また、台湾のLeadtek(Leadtek Research)からは初の独自基板採用GeForce4 MX420カード「WinFast A170 SDR TH」が登場。製品名からも想像できるように、ハードウェアの異常をLEDで知らせるハードウェアモニタを搭載している。

最高250MHz動作 WinFast A170 SDR TH ハードウェアモニタ
PLATINUM GeForce4 MX440が搭載するVRAM。hynix製の4ns品だ「WinFast A170 SDR TH」。チップクーラーはLeadtek製GeForce4 MX440カードが搭載するものと異なっているLeadtek製ビデオカード“H”シリーズお馴染みのハードウェアモニタ
16日現在の価格情報
価格ショップ
PLATINUM GeForce4 MX440
\15,980コムサテライト3号店
\16,980若松通商エルプラザ
WinFast A170 SDR TH
\13,800OVERTOP
コムサテライト1号店
コムサテライト2号店
\13,980クレバリー1号店
WonderCity
\14,200コムサテライト3号店
\14,799TSUKUMO eX.
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ