このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

セル塗りだけの“簡単地図”から凝った“お見事地図”まで 第4回

Excel技を駆使した本格地図 立体建物や写真で仕上げ!(後編)

2009年03月13日 06時00分更新

文● 尾崎裕子、アスキー・ドットPC編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

位置を調整する

地図の位置を調整

大通りとほかの地図の位置を調整する。グループ化とグループ解除を組み合わせて、大通りだけを動かす

 全体のバランスを見て最終調整をする。ここでは線路とその上の道の間が空き過ぎなので、この道を下に移動したい。

 グループ化されていると1本の道だけを動かせないので、(1) 道を右クリック→[グループ化]→[グループ解除]を選ぶ。(2) 図形を選択して移動する。


【技あり】

調整した大通りを再グループ化

調整した大通りを再グループ化する。再グループ化を使えば、いちいちすべてのアイテムを選ぶ必要はない

 (3) 道を右クリック→[グループ化]→[再グループ化]を選び、再度グループ化。

 再グループ化のときは、全部のパーツを選択する必要はなく、パーツのうち1つを選択し右クリックで操作するだけでいい。ここまできたらセルの枠線を消す(前回記事を参照)。


周囲を囲んで仕上げる

【技あり】

最後に四角形で囲む

地図が完成したら、はみ出した要素を消すために四角形で囲む。画面は目立たせるために薄い水色だが、実際は白い四角形(塗りつぶしなし)で囲む

 (1)[四角形]ボタンをクリックし、(2) 地図を囲むように大きく四角形を描く。

 「塗りつぶしの色」を[塗りつぶしなし]に、「線」の「色」は、「太さ」は[25pt]に設定する。これで地図の周りが隠れ、道や線路などの端がきれいに揃って見える。

完成した地図

最後に囲み線を描く。これで見やすい地図がExcelだけで完成だ

 (3)[四角形]ボタンで、囲み線を描く。ここでは[塗りつぶしの色]を[塗りつぶしなし]に、「線」の「色」は[黒]、「太さ」は[1.5pt]に設定した。

 地図が完成したら、図形が崩れたりしないようにすべての図形を選択してグループ化しておく。


 次週は、ここで作った地図を活用する方法を紹介します。お楽しみに。


アスキードットPCロゴ

R

http://www.asciidotpc.jp/

本記事は「アスキードットPC 2006年2月号」の特集記事を元に、編集・再構成したものです。




前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ