このページの本文へ

セル塗りだけの“簡単地図”から凝った“お見事地図”まで 第4回

Excel技を駆使した本格地図 立体建物や写真で仕上げ!(後編)

2009年03月13日 06時00分更新

文● 尾崎裕子、アスキー・ドットPC編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

目的地を立体にする

目的地を描く

目的地を描く。まず四角く描いた後で、3D化する

 地図の目的地になる(1) の図形を選択し、(2)[3-Dスタイル]ボタンをクリックして[3-Dスタイル8]を選ぶ。

 3-Dの種類は建物の形や位置により適したスタイルを選択すること。


【技あり】

立体にしたらずれて見える

立体にしたらずれて見えるようになった。これはCtrlキーを押しながら矢印キーで動かして位置を調整

 立体になった。が、立体にすると図形の位置がずれたように見える。

 この場合は道路と重なってしまったので、(3) 図形を選択し、[Ctrl]キー+矢印キーで少しずつ動かして調整。


【技あり】

郵便局や教会の記号を描く

バス停を円と直線で描き、郵便局や教会の記号を描く

 円と直線でバス停や目印を描く。文字はテキストボックスで書き、文字色を設定。

 (4) の記号は、メニューバーから[挿入]→[記号と特殊文字]を選び、開いた画面の右上の欄で選ぶ。郵便マークは[CJK用の記号および分音記号]、十字架は[装飾記号]を選んで入力する。

 (5) 公園を示す緑色の図形を描き、図形を選択した状態でキーボードから「公園」と打って入力。


 (次ページ、「建物の外観写真を挿入する」に続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ