このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

セル塗りだけの“簡単地図”から凝った“お見事地図”まで 第1回

仕事にExcel大活躍! 自由自在に地図を描く――基本編

2009年02月06日 07時00分更新

文● 尾崎裕子、アスキー・ドットPC編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

会社案内や移転通知など、地図が必要な文書は多い。せっかく描くなら、何度も使えるようなきれいな地図にしたいもの。それなら「Excel」!! セルを利用すれば、きれいな地図が手早く描ける。


イントロ――Excelで地図を描くワケ

 Excelのシートは表作成や計算に使えるだけではありません。図を描くのにも適しています。シートには縦横にセルが並んでいますが、地図のように道路や線路、建物をきれいに配置したいとき、このセルが方眼紙の役割を果たします。

 ここでは地図の描き方を3種類紹介しますが(次回、次々回掲載予定)、いずれもセルの幅と高さをそろえて、真四角のマス目にしてから描くのがポイントです。方法は下のコラムを参照してください。

 作った地図はExcel以外のソフトで利用できます。案内状やはがき文面、ウェブページに表示できる地図を、Excelならではの方法で作成してみましょう。


準備――
セルを方眼にしておこう

行の高さを確認

Excelで地図を作るための下準備。まず行(左側の数字列)の境目で高さを確認

 (1) 行の境目にポインターを合わせ、上下矢印になったところでマウスボタンを押して行の高さ(ここでは18ピクセル)を確認する。必ずピクセル数を見る

 次に(2) シートの左上隅をクリックしてワークシート全体を選択。

列を高さと同じピクセル数にする

全セルを選択しておき、次に列(上のアルファベット列)の境目で幅を高さと同じピクセル数にそろえる。これで正方形のセルが完成だ

 列の境目にポインタをあわせて、左右矢印になったら(3) 左にドラッグする。ポップヒントが18ピクセルになったら手を離す。これで列幅が18ピクセルになり、セルの幅と高さが同じ、真四角のます目ができる。


 (次ページ、「セルの塗りつぶしと罫線だけで地図を作る」に続く)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ