このページの本文へ

セル塗りだけの“簡単地図”から凝った“お見事地図”まで 第4回

Excel技を駆使した本格地図 立体建物や写真で仕上げ!(後編)

2009年03月13日 06時00分更新

文● 尾崎裕子、アスキー・ドットPC編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

写真を挿入する

【技あり】

図を挿入

図を挿入する。あらかじめトリミングしなくても、Excelで表示範囲やサイズを調整できる

 (1)[図をファイルから挿入]ボタンをクリックし、写真を選択して挿入する。写真を挿入すると「図」ツールバーが出る。

 (2)[トリミング]ボタンをクリック。(3) 黒いハンドルをドラッグし不要な部分を削除する。(4) 再度[トリミング]をクリックして解除。

 (5) 写真の周囲の白いハンドルをドラッグして写真を縮小。

方位マーク

方位マークを付ける。といっても、記号にはないので、二等辺三角形を組み合わせて描く

 写真をドラッグして配置したら、(6) 方位を表わすマークを作成する。

 方法は、[オートシェイプ]→[基本図形]→[二等辺三角形]を選んで三角形を描く。それをコピーし[図形の調整]→[回転/反転]→[上下反転]を選ぶ。

 片方の色を黒にし、2つの三角形を上下に並べ、グループ化。斜めになるように回転し、サイズを調整。テキストボックスで「N」と書いて完成。


知ッ得――挿入できるファイルの種類は?

 「図形描画」ツールバーの[図をファイルから挿入]ボタンでは、写真ファイルのほかにイラストなどの画像ファイルも挿入できる。グラフィックソフトなどで作成したイラストも挿入可能だ。


 (次ページ、「グループ化を利用して、位置を調整する」に続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ