このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第22回

“可愛くない値段”の大人向けディズニーウォッチ

2008年10月01日 11時00分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
レトロファンタジー

 腕時計の世界も、筆者が提唱している「ピンキリ値」(同じ機能の商品で、最高価格のモノと最低価格のモノの価格倍率)が急上昇してきている市場だ。

 1969年に登場したクォーツ腕時計「アストロン」は45万円だったが、今や正確に動く腕時計が100円で手に入る時代となった。そして電気式ではない、メカ腕時計の最高は数億円に限りなく近く、ピンキリ値はオーバーフロー気味なのだ。

 正確無比のテクノロジー先行型の腕時計がどんどん安くなる一方で、正確に組み上げるには、職人の努力と執念が必要な腕時計がどんどん高くなっている。クラフトマンワークの必要な古い腕時計ほど価値があり、値段の高い腕時計が注目される時代なのだ。

 今ではブルガリグループに含まれてしまったジェラルドジェンタも、そんなこだわりを持つ腕時計メーカーだ。

細かな時間は分からない
丸窓の数字はカレンダーの日付ではなく時刻表示。クラブの先が指すところが現在の分表示。写真の時刻は大よそ4時32~33分をあらわす。午前か午後かは分からない

 同社には「レトロファンタジーシリーズ」というディズニーの有名キャラクターをモチーフにした腕時計がある。今は生産終了し、市場の第一線からは姿を消しているが、多くのファンがいるファニーな腕時計だ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン