このページの本文へ

Tacens「VALEO II 600」

ヒートパイプ+外部ヒートシンク=準ファンレス電源!

2008年09月19日 23時15分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 定格550Wの準ファンレスATX電源ユニット「VALEO II 600」がTacensから発売された。代理店はサントラスト。

「VALEO II 600」 製品
定格550WのTacens製準ファンレスATX電源ユニット「VALEO II 600」

 本製品はヒートパイプと外部ヒートシンクを併用するヒートパイプクーリングシステムを採用し、低負荷時にファンを停止することでノイズレベルが0dBとなる準ファンレス電源ユニット。搭載されるファンは135mmの静音タイプで、ケーブルは着脱式を採用する。また、振動防止用のゴムパッキンなども付属している。
 主な仕様は、コネクタ数がATXメイン(20+4ピン)×1、ATX12V(4+4ピン)×1、FDD用×1、HDD×8、Serial ATA×6、PCI Express(6+2ピン)×2。電源はATX12V Ver.2.2規格に準拠しており、本体サイズは150(W)×158(D)×86(H)mmとなる。価格はBLESS秋葉原本店にて14800円となっている。

ヒートパイプクーリングシステム プラグイン方式
独自のヒートパイプクーリングシステムを採用し、低負荷時にファンを停止することでノイズレベルが最小0dBとなる準ファンレス電源ユニット。ケーブルは着脱式を採用する

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中