このページの本文へ

サイズ「超力」

オール日本製コンデンサー採用の静音電源がサイズから登場!

2008年11月20日 21時45分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイズから80+認証も取得しているオール日本製コンデンサー採用の静音電源ユニット「超力」が登場した。

「超力」 製品
ケーブル 80+認証も取得しているオール日本製コンデンサー採用のサイズ製静音電源ユニット「超力」

 本製品は先に発売された流体動圧軸受(S・FDB)を採用する120mm角ファン「KAMA-FLEX」を搭載する静音電源ユニット。回転数/ノイズレベルは560~1460rpm/9.6~24.7dB(1000W)、490~1460rpm/8.5~24.7dB(850W)、580~1420rpm/10.0~24.2dB(700W)、450~1100rpm/7.9~18.6dB(600W)、450~870rpm/7.9~14.8dB(500W)、450~830rpm/7.9~14.2dB(400W)となっている。
 また、基板上の全てのコンデンサーが日本製という点や、PCケースと接合部に取り付ける振動防止用のシリコンラバーなどが付属する点もポイントだ。

仕様 特徴
基板上の全てのコンデンサーが日本製という点や、PCケースと接合部に取り付ける振動防止用のシリコンラバーなどが付属する点もポイント

ラインナップ

「SCPCR-1000」 「SCPCR-850」 「SCPCR-700」
「SCPCR-1000」「SCPCR-850」「SCPCR-700」
「SCPCR-600」 「SCPCR-500」 「SCPCR-400」
「SCPCR-600」「SCPCR-500」「SCPCR-400」

 ラインナップは定格1000Wの「SCPCR-1000」、850Wの「SCPCR-850」、700W「SCPCR-700」、600W「SCPCR-600」、500W「SCPCR-500」、400W「SCPCR-400」の計6モデル。
 主な仕様は、サイズが850/1000Wモデルは150(W)×165(D)×86(H)mm、400~700Wモデルが150(W)×140(D)×86(H)mm。全モデルともにATX12V Ver.2.2規格準拠。
 コネクタ数は850/1000WモデルがATXメイン(20+4ピン)×1、ATX12V(4+4ピン)×1、FDD用×2、HDD×8、Serial ATA×10、PCI Express(6+2ピン)×4。
 700WモデルはATXメイン(20+4ピン)×1、ATX12V(4+4ピン)×1、FDD用×2、HDD×6、Serial ATA×10、PCI Express(6+2ピン)×4。
 500~600WモデルはATXメイン(20+4ピン)×1、ATX12V(4+4ピン)×1、FDD用×2、HDD×6、Serial ATA×8、PCI Express(6+2ピン)×2。
 400WモデルはATXメイン(20+4ピン)×1、ATX12V(4+4ピン)×1、FDD用×2、HDD×6、Serial ATA×6、PCI Express(6+2ピン)×1となっている。価格および販売ショップは以下の通り。

価格ショップ
1000W「SCPCR-1000」
¥25,390パソコンハウス東映
¥26,980ツクモケース王国
アーク
ドスパラ秋葉原本店
T-ZONE.PC DIY SHOP
850W「SCPCR-850」
¥19,770パソコンハウス東映
¥20,480ドスパラ秋葉原本店
¥20,980ツクモケース王国
¥21,000アーク
T-ZONE.PC DIY SHOP
700W「SCPCR-700」
¥15,040パソコンハウス東映
¥15,480ドスパラ秋葉原本店
¥15,979アーク
¥15,980ツクモケース王国
BLESS秋葉原本店
T-ZONE.PC DIY SHOP
600W「SCPCR-600」
¥12,210パソコンハウス東映
¥12,480ドスパラ秋葉原本店
¥12,980ツクモケース王国
BLESS秋葉原本店
アーク
T-ZONE.PC DIY SHOP
500W「SCPCR-500」
¥9,390パソコンハウス東映
¥9,980ツクモケース王国
BLESS秋葉原本店
アーク
ドスパラ秋葉原本店
T-ZONE.PC DIY SHOP
400W「SCPCR-400」
¥8,450パソコンハウス東映
¥8,980ツクモケース王国
アーク
ドスパラ秋葉原本店
T-ZONE.PC DIY SHOP

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中