このページの本文へ

アビー「AS Power Silentist+」

ファン完全停止も可能! アビー「AS Power Silentist+」登場!

2008年08月05日 23時45分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アビーから「AS Power Silentist」のパワーマシン向け上位シリーズ電源ユニット「AS Power Silentist+」が今週6日(水)より販売開始される。

「AS Power Silentist+」 製品
アビーから「AS Power Silentist」のパワーマシン向け上位シリーズ電源ユニット「AS Power Silentist+」が今週6日(水)より販売開始される

 本製品は、従来から発売されている「AS Power Silentist」の上位シリーズとなるハイエンド向けATX電源ユニットで、ラインナップは定格670Wの「SP-670EA」と570W「SP-570EA」の2モデルとなる。
 「AS Power Silentist」シリーズとしてはお馴染みとなるファンの起動・停止を自動でコントロールするBFS(バックアップ・ファン・システム)の上位システム「BFS PRO」を搭載し、温度のほか負荷が低い場合にファンを完全に停止する機能の追加や、+12Vラインの4レーン搭載、イージープラグシステム(着脱式ケーブル)の採用などが特徴。
 なお、「BFS PRO」は背面のスイッチによりOFFにすることで負荷が低い場合でもファンの回転を維持することが可能。また、4レーンの+12Vラインはリアパネルに装備されたターボパワースイッチによって1レールに統合(COMBINEモード)することもできる。

「BFS PRO」用スイッチ ターボパワースイッチ
「BFS PRO」は背面のスイッチによりOFFにすることで負荷が低い場合でもファンの回転を維持することが可能。また、4レーンの+12Vラインはリアパネルに装備されたターボパワースイッチによって1レールに統合(COMBINEモード)することもできる

 主な仕様は、コネクタ数がATXメイン(20+4ピン)×1、ATX12V(4+4ピン)×1、FDD用×1、HDD×6、Serial ATA×8、PCI Express(6ピン)×1、PCI Express(6+2ピン)×1。電源はATX12V Ver.2.3規格に準拠しており、本体サイズは150(W)×150(D)×86(H)mmとなる。
 予価は「SP-670EA」が1万7980円、「SP-570EA」が1万4980円で、T-ZONE.PC DIY SHOP、ソフマップリユース総合館、ソフマップパソコン総合館、ソフマップ本館、ツクモパソコン本店II、TSUKUMO eX.、ツクモDOS/V館、ツクモケース王国、BLESS秋葉原本店、TWOTOP秋葉原本店、フェイスカスタム館、フェイスパーツ館、クレバリー1号店、クレバリーインターネット館、石丸電気モバイル館、ドスパラ秋葉原本店などに入荷予定となっている。

イージープラグシステム ケーブル
主な仕様は、コネクタ数がATXメイン(20+4ピン)×1、ATX12V(4+4ピン)×1、FDD用×1、HDD×6、Serial ATA×8、PCI Express(6ピン)×1、PCI Express(6+2ピン)×1。電源はATX12V Ver.2.3規格に準拠しており、本体サイズは150(W)×150(D)×86(H)mm

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中