• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

  • 「このすば」のめぐみんが“ビリビリ爆裂娘”に!RPG『このファン』で「とある科学の超電磁砲T」とのコラボ企画が開催

  • PS5用カバーのカラーバリエーション「スターライト ブルー」「ギャラクティック パープル」「ノヴァ ピンク」が2022年6月17日に発売決定

  • 『4G』より千刃竜セルレギオスが復刻!『モンスターハンターライズ:サンブレイク』でさらなる狩りの高みへ

  • GPU内蔵CPUでフルHDで30fpsを維持! 『Winning Post 9 2022』をAMD「Ryzen 7 5700G」で遊んでみた

  • 『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』キャラクター紹介映像「王国編」が公開!

  • ゲームアプリ『五等分の花嫁』にて新イベント「五つ子ちゃんのVRゲームは、今だけ三玖のために ~私とデート、してほしいの~」が5月20日より開催!

  • 6v6から5v5になり立ち回りが変わった!新要素満載の『オーバーウォッチ2』第1回PvPベータプレイレポ

  • ヒロイン・モモを追う者たちの目的は?Switch/PS4『ANONYMOUS;CODE』の3人の新キャラクターを公開

  • PC『SDガンダムオペレーションズ』に新ユニット「★5-13 ウイングガンダムゼロ(EW)」&「★5-13 ガンダムエピオン(EW)」が登場!

  • 5月20日の20時から!Switch向け『ライブアライブ』の公式生放送「時代を超えて…リメイク発売記念スペシャル!」が配信決定

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022May

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

「Geometry Wars: Retro Evolved 2」レビュー

骨のあるSTGが欲しいなら、迷わず「Geometry Wars 2」だ!

2008年08月13日 20時00分更新

文● 飯塚/Webアキバ編集部

弾を撃たずに敵を倒す
追われっぱなしの「PACIFISM」

 自機は弾もボムも撃てないが、ひっきりなしに登場するゲートをくぐることで敵を倒せる「PACIFISM」。絶え間なく敵が出てくるのでゲートとゲートの間を先読みしていく必要がある。各モードの中で最も点数が上がりやすい。ちなみに前作では、弾を撃たずに1分間逃げ回ると「PACIFISM」という実績が解除されていた。

PACIFISM攻略のポイント

 ゲートを通ることでゲート端に爆発が起こり、その爆発によって敵を倒す。ということは敵と対峙する形でゲートを通ると、倒しきれなくて当たってしまう場合がある。敵が執拗に自分を追ってくるので、ゲートを回り込むように誘導して通るのが基本。また、ゲートの両端は当たり判定があるので、勢い余ってぶつからないようにするのが大事。針の穴を通すようなコントロールが必要になるので、とにかく集中する必要がある。点数や倍率などをプレイ中は見ないで、「どの方向からゲートを通れば抜けられるのか」、「このゲートでどこまで敵を巻き込めるのか」といったことに集中しよう。


難易度急上昇!
PGR4からさらに難しく進化した「WAVES」

 PGR4に収録された「Geometry Wars: Waves」をベースにバランス調整などが加えられている「WAVES」。直線で移動するオレンジが四辺のライン上に1列もしくは半分まで登場し、時間の経過と共にドンドン増えていく。ボムはなく、自機も1機のみ。通常の敵も出てくるので気を抜くとアッと言う間にやられてしまう。

WAVES攻略のポイント

 WAVESでは、一直線に飛んでくるオレンジがどの方向から来るのか、というのを予測しておくのが一番大事。オレンジだけを対処するのであれば、来る方向に対峙して弾を撃てばよいということになる。なので、エリア中央付近にいる場合は最小限の動きで撃っていくのが基本。しかし、ここに弾を避けて追ってくる菱形グリーンが混ざると一気にカオス化する。また、画面端で移動していると、出現したオレンジの列に突っ込みやすいので注意しよう。


全20ステージを戦い抜け!
ミッションクリア型の「SEQUENCE」

 全20ステージ構成で、1ステージごとに決められた配置の敵を30秒以内に全て倒していくことで次のステージに進める「SEQUENCE」。ステージは撃墜かタイムアップでも先に進めるため、ニガテな場面ではあえてやられるのも手か。ステージごとの敵出現パターンを覚えるのと、ボムの使い方がポイント。

SEQUENCE攻略のポイント

 とにかく各ステージの敵出現パターンを覚えるのがポイント。最終ステージまでたどり着くのが目的ならば、タイムアップや撃墜でも次のステージには進めるので、あえてやられる場面とボムで切り抜ける場面を使い分けるのがいい。ボムを使ったあとに残った敵にやられないように注意!

(次ページへ続く)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう