このページの本文へ

ケータイ機能一本釣り 第6回

SH906i、タッチ操作の快適さと限界

2008年06月27日 16時00分更新

文● ヤシマノブユキ 

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

タッチパネルで操作できる機能は?


 タッチパネル搭載と言えば、スマートフォンのようにあらゆる機能がタッチ操作に対応していると思いがちだが、このSH906iはそうではない。使用感を述べる前に、タッチ操作に対応している機能を簡単にまとめておこう。

 タッチ操作に対応している機能は以下の6個(カッコ内は各機能で利用可能なものを示す)。

  1. ワンセグ(視聴、録画)
  2. カメラ(静止画/動画撮影)
  3. メール(新規作成、受信/送信/未送信トレイ)
  4. マンガ・ブックリーダでの閲覧
  5. フルブラウザー(ホームページ、ブックマーク)
  6. データBOX(マイクピチャ、ワンセグ録画番組、iモーション)

 上記以外の機能、例えばワンセグの番組表やQRコードの読み取り、iモードなどはタッチ操作に対応せず、通常どおりカーソルキーなどで操作する。タッチ操作に対応する機能は意外と限定的と思った方がいい。

 また、どんなスタイルでもタッチパネルで操作できるワケではない。ごく一部の機能(テレビ電話と手書き認証)を除き、タッチ操作をするには、通常の縦位置ではなく、画面を表向きにして折り返す「ビューアポジション」にする必要がある

ビューアポジションにして、タッチ操作用メニューを呼び出す

ビューアポジションにして、タッチ操作用メニューを呼び出す。「CLR」を押すと待受画面に戻れ、待受画面を軽く叩くと再びこのメニューを表示できる

 こう書くとややこしいが、使い方は簡単だ。待受画面などを表示した状態でビューアポジションにすればタッチ操作に対応した機能が一覧表示される。あとは使いたい機能にタッチすればいい。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン