このページの本文へ

日本の宇宙開発最前線

ディスカバリー号、無事着陸!

星出さんが帰還! 「宇宙最高! また行きたい!」

2008年06月17日 13時01分更新

文● 丸子 かおり

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アメリカのスペースシャトル「ディスカバリー号」が日本時間15日午前0時15分、無事ケネディ宇宙センターに着陸した。

ディスカバリー
ケネディ宇宙センターに無事着陸したディスカバリー号(提供:NASA)

 ディスカバリー号および、星出彰彦宇宙飛行士の今回のミッションは、これまでもお伝えしたきたように(関連記事)、日本の実験モジュール「きぼう」の室内実験棟を打ち上げ、国際宇宙ステーションに設置すること。星出さんたちミッションスペシャリストの任務は「きぼう」の取り付けにはじまり、実験室のシステムを起動させたり、ロボットアームの機能点検など。また、流体力学と生命科学の実験装置も運び込まれ、室内での実験が可能となった。

星出さん
記者会見でスピーチする星出宇宙飛行士。すべての瞬間が楽しく、今度は国際宇宙ステーションに長期滞在したいと語った(提供:NASA)

 今回のミッションについて、星出宇宙飛行士は記者会見で「初めてのフライトは瞬間、瞬間が楽しかった。もう少し宇宙にいたかった」とコメント。「きぼう」を宇宙に持っていって「希望」を日本へ持ち帰ってきた星出さんだった。

 なお、このミッション後の12月4日以降、新たに若田光一宇宙飛行士が長期宇宙滞在予定である。2008年度内に打ち上げ予定のシャトルに積まれた、船外実験プラットフォームと船外パレットの取り付けを経て「きぼう」が完成する。

きぼう
「きぼう」の完成予想図。日の丸がペイントされている部分が、今回取り付けられた室内実験棟。右側の白い部分は、次回取り付けが予定されている船外実験プラットフォームと船外パレットだ(提供:NASA)

 衝撃的なコロンビア号の事故により、一時は建設が中止になりそうだった「きぼう」ミッション。建設も残すはあと1回。ついに日本の「希望」が叶えられるときがくるか!?


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン