このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

VIERAにつながる漆黒のTEO登場

2008年06月12日 12時00分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 薄型テレビメーカーの多くは、自社のパソコンとテレビをHDMIで接続することで連携使用できる「HDMIリンク」機能を用意している(関連記事1)。これを利用するとテレビのリモコンでパソコンを操作できるようになるのだ。

 ただし、パナソニックの薄型テレビ「VIERA」は、同社のパソコン「Let's Note」に対応していない。ではパソコンとの連携ができないのかというと、そうではない。

 VIERAとHDMIリンクで接続できる唯一のパソコンが、富士通のリビングパソコン「TEO」である。そのTEOシリーズに新機種が登場したのでご紹介する。ちなみに、TEOはVIERA以外に、シャープ「AQUOS」のHDMIリンク機能である「ファミリンク」にも対応している。



光沢の黒で高級感アップ!

 従来の白いカラーデザインから、AV機器のような光沢のある黒いデザインとなった新しいTEO
 従来の白いカラーデザインから、AV機器のような光沢のある黒いデザインとなった新しいTEO

 記録型Blu-ray Discドライブを搭載する上位機種「TEO/A90D」は、750GBのHDDを搭載。3波対応のデジタルチューナー2台を内蔵し、約92時間のハイビジョン番組の録画が可能だ。もちろん、ダビング10にも対応予定。

 TEO/A90の予想実売価格は20万円前後。また、2層記録対応DVDスーパーマルチドライブと500GB HDDを搭載する「TEO/A70D」は15万円前後となる。ともに発売は今月28日の予定。



VIERAとつないでみる

「TEO/A90」と37インチ液晶テレビ「VIERA TH-37LZ85」
「TEO/A90」と37インチ液晶テレビ「VIERA TH-37LZ85」。画面は「MyMedia」を操作している様子

 VIERAとTEOの接続設定はとても簡単。VIERAとTEOをHDMIで接続し、VIERAのリモコンの「ビエラリンク」ボタンを押す。表示されるメニューから「パソコンを操作する」を選べば設定完了。「MyMedia」と呼ばれるAVランチャーソフトが立ち上がり、VIERAのリモコンから操作できる。

VIERAのリモコンの「ビエラリンク」ボタンを押した状態。ここから「パソコンを操作する」を選択 VIERAのリモコンの「ビエラリンク」ボタンを押した状態。ここから「パソコンを操作する」を選択

 「MyMedia」から、デジタル放送の視聴、録画やBlu-ray/DVDの視聴、写真の閲覧、ネット動画の視聴などが行なえる。なお、VIERAのリモコンでマウス操作はできないので、Windowsの基本操作は行なえない。

TEOのリモコン TEOのリモコン

 新しいTEOのポイントは、テレビとのHDMI接続時に自動的に最適な画面出力になるように設定を行なう「オートジャストスキャン」機能を搭載した点。HDMIケーブルをつなぎさえすれば、映像の出力設定をいじる必要もなくHDMIリンクの環境を構築できるのだ。

 さらに設定を変更することで、画面出力方法の変更(ドットバイドット表示など)や電源連動(VIERAの電源をオフにした場合にTEOもスリープに入る)も可能だ。

テレビと電源を連動させたい場合は、TEO側で設定を行なう
テレビと電源を連動させたい場合は、TEO側で設定を行なう

前へ 1 2 次へ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通