このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

VIERAにつながる漆黒のTEO登場 (2/2)

2008年06月12日 12時00分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AMDのモバイル向けプラットフォームを採用

本体前面。下方には左から音声入出力、USB 2.0、IEEE 1394、SDメモリーカードスロット、B-CASカードスロットが並ぶ

本体前面。下方には左から音声入出力、USB 2.0、IEEE 1394、SDメモリーカードスロット、B-CASカードスロットが並ぶ

本体背面には、HDMI、DVI、モデム、LAN、USB 2.0×4、光デジタル出力などの端子が並ぶ

本体背面には、HDMI、DVI、モデム、LAN、USB 2.0×4、光デジタル出力などの端子が並ぶ

 新しいTEOはAMDのモバイル向けプラットフォーム「Puma」を採用関連記事2。CPUにはデュアルコアの「Turion X2 RM-70」(2GHz)を搭載する。

 チップセットの「AMD M780G」には「ATI Radenon HD 3200」グラフィック機能が統合されており、動画再生支援機能の「UVD」(Universal Video Decoder)が利用できる。デコード処理にCPUパワーが必要なH.264動画再生も、CPUに大きな負荷をかけることなく行なえる。

ワイヤレスキーボードにはタッチパッドを搭載。マウス操作もキーボードだけで行なえる

ワイヤレスキーボードにはタッチパッドを搭載。マウス操作もキーボードだけで行なえる

縦置きスタンドはキーボードを置くスペースも用意されている

縦置きスタンドはキーボードを置くスペースも用意されている

 現在、500GBのHDDを内蔵したBDレコーダーはおおむね15~19万円程度の価格で販売されている。一方でTEO/A90は20万円前後であり、パソコンの機能を搭載したBDレコーダー、と考えればお買い得ではないだろうか。



BDラインアップを強化する富士通

「FMV-DESKPOWER LX A80D」。CPUはCore 2 Duo E4600(2.40GHz)、メモリーは2GB,HDDは320GBを搭載する

「FMV-DESKPOWER LX A80D」。CPUはCore 2 Duo E4600(2.40GHz)、メモリーは2GB,HDDは320GBを搭載する

 富士通は19インチワイド液晶ディスプレー一体型パソコンの新機種「FMV-DESKPOWER LX A80D」も発表した。予想実売価格は24万円前後で、発売は今月19日から。

 新たに記録型Blu-ray Discドライブを搭載しており、内蔵の3波デジタルチューナーで受信した番組をBDに書き出すことができる。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通