このページの本文へ

ビジネス向けインクジェットを4機種発表

シェア倍増を狙う日本HPの新プリンタ

2008年05月16日 21時16分更新

文● 西川仁朗/アスキーネタ帳編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
HP Officejet Pro K8600dn
HP Officejet Pro K8600dn
HP Officejet Pro L7590 All-in-One
HP Officejet Pro L7590 All-in-One
HP Officejet J6480 All-in-One
HP Officejet J6480 All-in-One
HP Officejet H470
HP Officejet H470

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は5月16日に新しくビジネスユーザー向けインクジェットプリンタを4機種発表しました。日本HPは「ビジネスにもインクジェット」を合言葉に、今まで以上に積極的な法人展開を行ないます。

 今回、発表されたのは、A3対応プリンタ「HP Officejet Pro K8600dn(以下K8600dn)」とA4対応複合機「HP Officejet Pro L7590 All-in-One(以下L7590)」、自動両面印刷で無線LAN対応のA4対応複合機「HP Officejet J6480 All-in-One(以下J6480)」、大容量インクが使えるA4対応モバイルプリンタ「HP Officejet H470(以下H470)」の計4機種です。これらは従業員30名以下の小規模事業所やSOHOをメインターゲットにしています。

 日本HPでイメージング・プリンティング事業を担当する挽野 元執行役員は「ビジネス向けインクジェットは現在約20万台の市場。しかし、潜在市場として今後100万台に規模にまで拡大すると予想している」とその可能性を強調します。

 同社の調査によると、ビジネスユーザーがプリンタについて最も関心が高い点は、本体価格やランニングにかかるコストだそうです。そこで、今回の新製品ではTCO削減にこだわった製品づくりとなりました。

 通常インクジェットのプリンタの平均ランニングコストは約9円(インク代=8円、用紙代=1円)だそうです。そこで、ハード面では大容量インクや高耐久プリントヘッドを採用。さらに、コンパクトモバイルを除く新製品全てが両面印刷に対応することで、低ランニングコストを実現しました。また、インク量をコントロールする「HPプリンタドライバ」や、Webページの必要な部分のみ印刷し、印刷枚数削減をサポートする「HP Smart Web Printing」などのソフトを付属します。ハード・ソフト両面のアプローチによって、「プリンタコストを半減できる」と同社は強調します。小規模オフィスが毎月1000枚プリントアウトすると仮定すると、3年間で約20万円の事務コスト削減が可能だそうです。

 同社は2005年後半からビジネス向けインクジェットプリンタ市場に参入していましたが、これまでは自社のオンラインストア「hp directplus」のみで販売していました。今後はヨドバシカメラやビックカメラなどの量販店の展開と、販売代理店を通した拡販を行ないます。

 今回、ビジネスユーザー向けに低価格のコンパクトプリンタから、高速複合機までラインナップを拡充させたことで、挽野執行役員は「現在20%のシェアを得ているビジネス用プリンタ市場において、今後3年間で市場シェア40%を目指す」と抱負を述べました。

 価格と発売時期は下記の通り。

製品名 プリンタ種類 HP Directplus価格 販売開始日
HP Officejet Pro K8600dn A3対応プリンタ 3万8000円(税別) 5月16日
HP Officejet Pro L7590 All-in-One A4対応複合機 3万3200円(税別) 6月上旬
HP Officejet J6480 All-in-One A4対応複合機 1万9000円(税別) 5月上旬
HP Officejet H470 A4対応モバイルプリンタ 1万9000円(税別) 5月16日

カテゴリートップへ