このページの本文へ

企業内PCの6割は危ない!――ソフォス、新製品発売

2008年04月02日 01時15分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフォスは4月1日に会見を行ない、法人向けセキュリティソリューション「Sophos Endpoint Security and Control 8.0」を15日から発売すると発表した。

「新製品の最大の特徴はエンドポイントセキュリティにNACを組み込んだこと」とソフォスの営業企画本部長 牛込秀樹氏は強調する。

ソフォス 営業企画本部長 牛込秀樹氏
ソフォス 営業企画本部長 牛込秀樹氏

 今回ソフォスから発表されたSophos Endpoint Security and Controlの最新版「Ver.8.0」はウイルス対策やスパイウェア対策、アプリケーションコントロール機能といった従来のエンドポイントセキュリティソリューションだけでなく、NAC(Network Admission Control)を新機能として搭載している。NACにより、ネットワーク経由でクライアントPCのアンチウイルス製品やOSが最新のものかどうかを管理し、そうでないものはネットワークから遮断できるようになる。ソフォスの調査によれば、企業内PCの約6割が、最新版のアンチウイルスソフトをインストールしていなかったり、セキュリティパッチをあてていなかったりとセキュリティ基準を満たしていない。そういった、企業のセキュリティポリシーの徹底にNACの機能は役に立つ。

Sophos Endpoint Security and Control 8.0
Sophos Endpoint Security and Control 8.0の画面イメージ(画面クリックで拡大)

「エンドポイントセキュリティの製品はすでにウイルス対策だけでは十分ではない。あらゆるマルウェアに対抗し、セキュリティギャップを無くすことが大切」(牛込氏)

 今回発表されたSophos Endpoint Security and Control 8.0の価格は100ユーザーライセンスを1年間利用する場合、1ライセンスあたり5200円。既存のユーザーは無償バージョンアップで利用できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ