このページの本文へ

【Fancy Frontier 開拓動漫祭 11】

流行のコスは日本と変わらない! “Fancy Frontier 開拓動漫祭”コスプレレポート

2008年02月19日 23時30分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

和装スタイルは地獄少女の閻魔あいちゃん。台湾のオタク女性の間では、和服姿のキャラクターが登場する地獄少女は大人気とのこと

和服をしっかりと着こなしていて、下手な日本人よりも日本人っぽかったけど、彼女は生粋の台湾人でした

筆者勉強不足のためデータベースに該当するキャラクター見当たらず。台湾の女性はみんなスリムなので、きりっとしたポーズは、非常に写真映えする

オリジナルのゴシック少女は、ドールとおそろい。オリジナルのコスプレ文化は、まだまだ発展途上らしいが、NANAなどの影響で徐々にゴスロリなども増えてきているそうだ

説明するまでもないと思うが、涼宮ハルヒの憂鬱より、長門有希。雰囲気がとにかく長門。本物もしくは、先日発売されたfigmaなんじゃないかって思うくらい、長門。会場でも大人気で、ずっと囲みで撮影されていました

こちらも、キャラクター名不明ですが、なにかゲームのキャラクターでしょうかね? それにしてもモデルガンをむき出しのまま、会場に持ってきていたけど、大丈夫なのか気になるところ

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ