このページの本文へ

【Fancy Frontier 開拓動漫祭 11】

流行のコスは日本と変わらない! “Fancy Frontier 開拓動漫祭”コスプレレポート

2008年02月19日 23時30分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ローゼン大集合。台湾でもローゼンは大人気。どれくらい人気があるかというと、普通の定食屋さん(オタク向けではない)にもポスターが貼られてしまうくらい!

真・三國無双シリーズの武将で間違いないんだけど、魏呉蜀の三国のどれかすらわからない。さすがお膝元の国ということで、非常に気合の入った三国志関連のコスプレイヤーさんには、完コスの人が多かった。ただ、鎧姿のままタクシーから降りてくるのは反則、ビックリするから!

写真を撮ったときは、ルナシルバーストーリーかと思ったんですが、撮った写真をみると、まったく違い、作品、キャラクターともに不明。けど、かわいいのでよい!

マビノギよりサキュバス。こちらのコスプレイヤーさんが、見た中では一番肌の露出面が大きかったコスプレ。台湾は日本に比べてコスプレイヤーさんの露出は全体的に少なめとなっているようだ

まほろまてぃっくよりまほろさんとみなわちゃん。台北のコスプレで被り物を見る日が来るなんて! 日本でもまだまだレアな文化が早くも海外に進出していて、台北の情報の早さには度肝を抜かれた

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ