このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

【Fancy Frontier 開拓動漫祭 11】

流行のコスは日本と変わらない! “Fancy Frontier 開拓動漫祭”コスプレレポート

2008年02月19日 23時30分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

魔法少女リリカルなのはStrikerSのフェイト・T・ハラオウン。なのはシリーズもこちらでは人気のアニメ。それにしても大きな武器を軽々ともっているけど、重くはないだろうか?

遊戯王の海馬瀬人。遊戯王も台湾では人気の作品で、カードゲームは、子供から大人まで幅広い年代のプレイヤーがいるようだ。それにしても、このレイヤーさんかっこよかったな

真・三國無双シリーズのコスプレだと、思うのですがキャラクター名が不明。台湾のレイヤーさんの衣装は、日本ではあまり使われることのないサテン地の布を使っていることが多いようだ

こちらのかわいい女の子も、情報不足で作品、キャラクター名ともに不明。胸の校章のワッペンから作品を探すことはできそうなのだが……

天元突破グレンラガンご一行様。台湾ではあまりあわせを行う習慣がないのか、大人数であわせをしているグループを見かけることは少なく、3人以上で撮影をしていたのはこちらのグレンラガンの4人以外、見つけることができなかった

台湾でもサンホラーがいるなんて!と思っていたら、サウンドホライズンは、台湾でもプレイクしていて、ファンも急増化しているとのこと。写真だけでみていると、日本の流行とほとんど時差がなくて、日本のイベント取材をした気にすら……

機動戦士ガンダムSEEDよりラクス・クライン。今回のFFで撮影したコスプレイヤーさんの優勝は、こちらのラクスに勝手ながら決めさせていただきました。レイヤーさん、衣装のでき、雰囲気、どれをとっても文句なしの満点!!

【関連サイト】

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ