このページの本文へ

持ち運びもできる2.5インチS-ATA HDD対応HDDケース「レイデッカー」参上!

2007年12月21日 23時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オウルテックから2.5インチSerial ATA HDDを2台搭載可能なRAID対応の外付けHDDケース「レイデッカー」(型番:OWL-ERD25/ES)が発売された。腕に付け「変身~!!」などと叫んでしまいそうなユニークなデザインの筐体が特徴だ。

「レイデッカー」
オウルテックから2.5インチSerial ATA HDDを2台搭載可能なRAID対応の外付けHDDケース「レイデッカー」(型番:OWL-ERD25/ES)が発売。思わず「変身~!!」などと叫んでしまいそうなユニークなデザインの筐体が特徴

 製品は表面が携帯電話のようにパカッと開き、裏面はスライドさせることで2台の2.5インチSerial ATA HDDを搭載可能。RAID 0/1とJBOD、コンバインの各RAID構成が使用できる。PCとの接続はeSATAとなるが、パッケージにはeSATA-USB変換アダプタも付属している。
 その他の付属品としては、eSATAケーブルやHDD固定ネジ、USB2.0ケーブル、ACアダプタなどが同梱されている。サイズは100(W)×48(D)×169(H)mmで持ち運びも可能な大きさといえるだろう。価格はアークで2万4780円、T-ZONE.PC DIY SHOPで2万5980円となっている。

OWL-ERD25/ES
表面が携帯電話のようにパカッと開き、裏面はスライドさせることで2台の2.5インチSerial ATA HDDを搭載可能
インターフェイス
PCとの接続はeSATAとなるが、パッケージにはeSATA-USB変換アダプタも同梱されている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中