このページの本文へ

センチュリーから温度表示LCD付き外付けHDDケース「冷やし系HDD検温番」登場!

2007年10月26日 21時50分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 センチュリーからユニークなネーミングの外付けHDDケース「冷やし系HDD検温番」(型番:CLS35EU2RF)が登場した。

「冷やし系HDD検温番」(型番:CLS35EU2RF) ユニークでお馴染のセンチュリー製3.5インチSerial ATA用外付けHDDケース「冷やし系HDD検温番」(型番:CLS35EU2RF)

 本製品は、フロントにHDDの温度とファンの回転数が分かるLCDを搭載した3.5インチSerial ATA用外付けHDDケース。本体に搭載されたファンは80mm角(背面のスイッチでON/OFFが可能)、PCとの接続インターフェイスはUSB2.0もしくはeSATA経由となる。なお、HDD温度監視機能搭載も搭載され、設定した温度を超えるとアラームが鳴る仕組みだ。

本体 解説図
フロントにHDDの温度とファンの回転数が分かるLCDを搭載しているのが特徴。温度監視機能搭載も搭載され、設定した温度を超えるとアラームが鳴る

 主な仕様だが、サイズ73(W)×193(D)×130(H)mm、重量約535g(HDD含まず)、接続インターフェイスはUSB2.0/eSATA。搭載可能HDDは最大2TBまで。付属品は、ケース本体、ACアダプタ、ACケーブル、USBケーブル、eSATAケーブル、HDD固定ネジ4個、マニュアル、保証書など。価格は、アークで4680円、BLESS秋葉原本店で4780円、T-ZONE.PC DIY SHOPで4980円となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中