このページの本文へ

「AMD 790FX」搭載マザーのサンプル版が続々!今度はASUSTeKとDFI

2007年11月02日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 一昨日のGigabyte「GA-MA790FX-DQ6」に続き、今度はASUSTeKとDFIからもAMD製の未発表チップセット「AMD 790FX」を搭載したマザーボードのサンプル版が登場した。

「M3A32-MVP Deluxe」 ASUSTeK「M3A32-MVP Deluxe」のサンプル版。同社は複数の「AMD 790FX」マザーをラインナップしている模様で、同モデルはおそらくミドルレンジにあたる製品と思われる

 ASUSTeK「M3A32-MVP Deluxe」もDFI「LP UT 790FX-M2R」もNorth-South bridge-PWM周りへと接続されるヒートパイプは同じ。ただ拡張スロットの構成は異なるようで「M3A32-MVP Deluxe」ではPCI Express x16×4、PCI×2。「LP UT 790FX-M2R」ではPCI Express x16×3、PCI Express x1×1、PCI×3となっている。その他「LP UT 790FX-M2R」では、I/O部からケース外に飛び出すヒートシンクを採用している模様。サンプル版を展示中のTSUKUMO eX.によると「価格や発売日は未定」とのことだ。

拡張スロット
拡張スロットの構成はPCI Express x16×4、PCI×2。ビデオカード4枚を使うことができそう
「LP UT 790FX-M2R」 「LP UT 790FX-M2R」 「LP UT 790FX-M2R」
DFI「LP UT 790FX-M2R」では、I/O部からケース外に飛び出すヒートシンクを採用している模様。拡張スロットの構成はPCI Express x16×3、PCI Express x1×1、PCI×3だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中