このページの本文へ

早くも勢揃い!? 「AMD 790FX/790X」に続き「AMD 770」マザーの販売も始まる!

2007年11月16日 23時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日は「AMD 790FX」の下位モデルと見られる「AMD 790X」搭載モデルが登場しているが、さらに下位モデルとなる「AMD 770」を搭載するSocket AM2対応マザーボード「TA770 A2+」がBiostarから発売されている。

「TA770 A2+」 本日は「AMD 790FX」の下位モデルと見られる「AMD 790X」搭載モデルが登場しているが、さらに下位モデルとなる「AMD 770」を搭載するSocket AM2対応マザーボード「TA770 A2+」がBiostarから発売

 「AMD 770」はチップセットが正式発表されていないために詳細は不明。ただ「AMD 790FX」ではx16+x16のCross Fireのほか全てx8動作のVGA4枚挿しも可能、「AMD 790X」ではx8+x8のCross Fireが可能。そして今回登場した「AMD 770」では、Cross Fireに非対応でx16のシングル仕様になると思われる。繰り返すが、これらのチップセットは正式発表前。しかしながら、すでに3種類のチップセットが市場に登場するという、少々イレギュラーな事態となっている。

「TA770 A2+」スペック
「AMD 770」では、ビデオカードがCross Fireに非対応でx16のシングル仕様になる模様。正式発表前に3種類のチップセットが市場に登場するという、少々イレギュラーな事態に

 製品はいたってシンプルな作りとなっており、South bridgeが「SB600」。拡張スロットはPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x1×2、PCI×3、メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-800/667/533/400、最大8GBまで)という構成。オンボードインターフェイスには、ギガビットイーサネット(Marrvell/88E8056)や8chサウンド(Realtek/ALC888)、Serial ATA II×4、eSATA×2、IDEなどを搭載する。価格はドスパラ秋葉原本店で1万1980円、アークで1万2800円(近日入荷)。現時点でHyperTransport 3.0対応、「Phenom」シリーズに正式対応したマザーとしては最も安価なモデルとなる。

スロット部 I/O部
現時点でHyperTransport 3.0対応、「Phenom」シリーズに正式対応したマザーとしては最も安価なモデルとなる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中