このページの本文へ

“AM2+”へ対応するというBiostar製マザーボードのサンプル版がアキバに到着!

2007年06月29日 21時33分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDの新型プラットフォーム“AM2+”への対応をうたうSocket AM2対応のマザーボード「TF560 A2+」のサンプル版がBiostarから登場した。サンプル版の入荷したドスパラ本店では明日からデモも行う予定(AM2+のデモではない)だ。

TF560 A2+ パッケージ TF560 A2+
Biostarから登場したAMDの新型プラットフォーム“AM2+”への対応をうたうSocket AM2対応のマザーボード「TF560 A2+」のサンプル版

 「TF560 A2+」は、チップセットに今回が初登場となる“nForce 560”を採用するSocket AM2対応のマザーだ。“nForce 560”はすでに搭載モデルが販売中の“nForce 550”の上位モデルにあたるメインストリーム向けとされるチップセットで、NVIDIA SLIのサポートはない。
 また“AM2+”についてたが、こちらは4月に日本AMD主催のイベント“DIYの未来予想図II+ ~ ところでII+って何? え?! 2+?! ~”でも触れられたように、L3キャッシュ共有型のデュアルコアCPU“STARS Core”で採用予定の新型プラットフォームとなる。この“Socket AM2+”ではHyperTransportが1.0から3.0に引き上げられ、コア単位でクロックを制御する“Split Power Plane”や、発熱を抑える“Enhabced Cool'n' Quiet”などがサポートされるとしている。
 とはいえ実際“Socket AM2+”というCPUソケットがあるわけではなく、従来の“Socket AM2”と互換性があるため、AMDによると“Socket AM2”マザーボードを持っていれば、わざわざマザーを買い換えなくても新CPUが使用できるとしている(一部利用できない機能もある)。

nForce 560 nForce 560
チップセットに今回が初登場となる“nForce 560”を採用する「TF560 A2+」。“nForce 550”の上位モデルにあたるメインストリーム向けとされるチップセットだ
CPUソケット Socket AM2
実際“Socket AM2+”というCPUソケットがあるわけではなく、従来の“Socket AM2”と互換性がある。よって見た目は変らない

 以上を踏まえた上で「TF560 A2+」を見てみると、ご覧の通り見た目は従来のSocket AM2対応マザーボードということになる。肝心の“AM2+”への対応だが、付属のマニュアルによるとBIOSのアップデートによりサポートという旨の記載が確認できた。
 その他、主なスペックは拡張スロットがPCI Express x16×1、PCI Express x1×2、PCI×3という構成で、メモリはDDR2 DIMM×4(DDR2-800/667/533、8GBまで)。オンボードインターフェイスには8ch+2chサウンド(Realtek/ALC888)やギガビットイーサネット(Realtek/RTL8110SC)、Serial ATA II×4(RAID 0/1/5)、IDE×1などを搭載する。
 なおサンプル版の入荷したドスパラ本店によると、明日30日(土)から同マザーにCPU「Athlon X2 BE-2300」、ビデオカード「Radeon HD 2900 XT」を搭載したデモ機を設置するとのこと。気になる発売日や価格は未定ということだ。

マニュアル TF560 A2+ I/O部
肝心の“AM2+”への対応は、付属のマニュアルによるとBIOSのアップデートによりサポートという旨の記載が。その他のスペック的には目新しい点はなさそう

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中