このページの本文へ

ここが変わったWindows Vista 100連発!第63回

HD DVDドライブを標準でサポート

2007年09月26日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
HD DVD-Rに記録したディスクを、エクスプローラーで開いたところ HD DVD-Rに記録したディスクを、エクスプローラーで開いたところ。13.4GBものファイルが記録されているのがわかる

この機能はWindows Vistaの全エディション(Home Basic、Home Premium、Business、Enterprise、Ultimate)でお使いいただけます。

 Windows VistaではHD DVDドライブを標準でサポートしている。現時点では書き込み可能なHD DVDドライブは単体販売されていないが、HD DVD-ROMドライブはすでに販売されていて、問題なく利用できる。

 Vistaが標準でサポートしているおかげで、PCにHD DVDドライブを接続するだけで、ドライバーソフトのインストールなど必要なくHD DVDの読み込みができるようになる。

記録型HD DVDなら、片面1層で15GB、片面2層で30GBものデータを記録できる。とはいえ、今のところ記録型HD DVDドライブは(株)東芝のノートPCにしか搭載されていない。試しに、同社のHD DVDドライブ搭載ノート「Qosmio F40」の記録型HD DVDドライブで作成したHD DVD-Rを、別のVista搭載パソコンに接続したHD DVD-ROMドライブで読み込んでみたところ、問題なく認識できた。

「TOSHIBA Disc Creator」 記録型HD DVDドライブを内蔵する「Qosmio F40」付属のライティングソフト「TOSHIBA Disc Creator」。一般的なDVDライティングソフトとほとんど同じように利用できる

市販のHD DVDビデオソフトも当然読み込み可能だが、再生には専用ソフトが必要になる(HDCP対応ディスプレーおよび対応グラフィックスカードも必要)。この点では、Windows XPでのDVD対応と似た状況(読み出しは標準対応、再生にはコーデックが必要)と言えよう。

「CyberLink PowerDVD HD DVD Edition」 (株)バッファローの内蔵型HD DVDドライブ「HDV-ROM2.4FB」に付属する再生ソフト「CyberLink PowerDVD HD DVD Edition」

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン