このページの本文へ

ここが変わったWindows Vista 100連発! 第26回

起動中のプログラムをすべて把握できる“ソフトウェアエクスプローラ”

2007年01月25日 00時00分更新

文● 柳谷智宣 アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パソコン上で実行中のプログラムや、スタートアップ時に読み込まれるプログラムについて調べたい場合は、“Windows Defender”に含まれる“ソフトウェアエクスプローラ”が便利だ。従来のWindowsからある“システム構成ツール”(msconfig.exe)や“タスクマネージャ”よりも詳細な情報を分かりやすく一覧できるので、スパイウェアやウイルスの疑いがある怪しいプログラムを見つけやすくなっている。

“Windows Defender”内の機能として提供される“ソフトウェアエクスプローラ”

“Windows Defender”内の機能として提供される“ソフトウェアエクスプローラ”

この機能はWindows Vistaの全エディション(Home Basic、Home Premium、Business、Enterprise、Ultimate)でお使いいただけます。

ソフトウェアエクスプローラはWindows Defenderの“ツール”→“ソフトウェアエクスプローラ”で実行できる

ソフトウェアエクスプローラはWindows Defenderの“ツール”→“ソフトウェアエクスプローラ”で実行できる

単に実行中のプログラムだけでなく、ネットワークと通信をしているプログラムだけを一覧することもできる。怪しいプログラムを見つけたら、下のボタンで“無効にする”や“プロセスの終了”をクリックして停止しよう。なお、選択するカテゴリによって、実行できる操作は異なる。

起動時に実行されるプログラムや実行中のプログラム、ネットワークにつながっているプログラムなど、カテゴリ別に一覧できる。怪しいプログラムを見つけ出すのに役立つ

起動時に実行されるプログラムや実行中のプログラム、ネットワークにつながっているプログラムなど、カテゴリ別に一覧できる。怪しいプログラムを見つけ出すのに役立つ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン