このページの本文へ

ここが変わったWindows Vista 100連発!第6回

デスクトップ上にミニアプリケーションを配置する“サイドバー”その1

2006年10月11日 00時00分更新

文● 柳谷智宣 アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows Vistaのデスクトップの右横には、デフォルトで大きな時計や写真が表示されている。これは頻繁に使うアプリケーションをデスクトップに常駐させ、手軽にアクセスできるようにする新機能“サイドバー”で、Windows XPにはなかった新しい機能だ。時計などのオブジェクトは“ガジェット”と呼ばれるミニアプリケーションで、デスクトップ上の任意の場所に配置できる。

Windows Vistaの新機能のひとつ“サイドバー”(画面右側)。RC1のデフォルト状態では、時計とスライドショー、“RSSフィードヘッドラインの表示”の3つのガジェットが出ている Windows Vistaの新機能のひとつ“サイドバー”(画面右側)。RC1のデフォルト状態では、時計とスライドショー、“RSSフィードヘッドラインの表示”の3つのガジェットが出ている

この機能はWindows Vistaの全エディション(Home Basic、Home Premium、Business、Enterprise、Ultimate)でお使いいただけます。

小さなアプリケーションを多数起動しているので、低スペックのパソコンではその分動作が重くなるが、小物アプリケーションやギミック好きの人は惹かれることだろう。

サイドバーはデフォルトで有効になっているが、Windowsの起動時に表示されない場合は、スタートメニューの“アクセサリ”→“Windows サイドバー”をクリックすれば表示できる。

Windows起動時にサイドバーを有効にする場合、タスクトレイのサイドバーアイコンを右クリックし、プロパティ画面から設定する。サイドバーを表示する場所を指定することも可能。マルチディスプレー環境にも対応しているので、セカンダリモニタに表示させることもできる Windows起動時にサイドバーを有効にする場合、タスクトレイのサイドバーアイコンを右クリックし、プロパティ画面から設定する。サイドバーを表示する場所を指定することも可能。マルチディスプレー環境にも対応しているので、セカンダリモニタに表示させることもできる
ガジェットはドラッグアンドドロップで任意の場所に動かせる。ほかのウィンドウに重なった場合に、常に手前に表示する設定も可能。下になったウィンドウが見えるように半透明化もできる ガジェットの右クリックメニューから“設定”をクリックすれば、それぞれのカスタマイズや設定が可能。例えば時計なら外観を変更したり、秒針を表示したりできる
ガジェットはドラッグアンドドロップで任意の場所に動かせる。ほかのウィンドウに重なった場合に、常に手前に表示する設定も可能。下になったウィンドウが見えるように半透明化もできるガジェットの右クリックメニューから“設定”をクリックすれば、それぞれのカスタマイズや設定が可能。例えば時計なら外観を変更したり、秒針を表示したりできる

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン