このページの本文へ

ASCII Power Review第46回

24万円だけど自腹購入してよかったです!!!

Galaxy Fold 実機レビュー = 折りたたみの快感はもう手放せないのだっ!!

2019年11月08日 12時00分更新

文● 写真 ジャイアン鈴木 + 編集● PowerReview軍団

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 世界初のフォルダブルスマホの称号はRoyoleの「FlexPai」に先を越されたが、日本市場では初となるディスプレー折り畳み型スマホ「Galaxy Fold SCV44」がau独占で10月25日に発売された。

 価格は24万5520円と非常に高価であり、それに見合う価値が「生産性」にあるかは正直微妙だが、先進技術を採用した「未来のスマホ」をいち早く体験できるという点において非常に注目度が高い端末だ。

 今回、本製品を個人的に購入したので、日常的な使い勝手まで含めた実機レビューをお届けしよう。

サムスン「Galaxy Fold SCV44」24万5520円
「FlexPai」と、ファーウェイの「HUAWEI Mate X」はディスプレーを外側にして折りたたむが、Galaxy Foldはディスプレーを内側にして折りたたむ構造を採用している。折りたためばメインディスプレーを保護できるので持ち運ぶ際に安心感が高い。なお上の写真ではSpigen製の保護ケースを装着している

一般的なノートPCより大容量な
メモリー、ストレージを搭載

 Galaxy Foldは折り畳み可能な約7.3インチ有機ELメインディスプレー「Dynamic AMOLED」(2152×1536ドット)と、折り畳み時に使用する約4.6インチ有機ELサブディスプレー「Super AMOLED」(1680×720ドット)を搭載したAndroidスマホだ。

 OSは「Android 9 Pie」、SoCは「Snapdragon 855」(2.8GHz×1、2.4GHz×3、1.7GHz×4」、メモリー(RAM)は12GB、ストレージ(ROM)は512GBを搭載している。一般的なノートPCより大容量なメモリー、ストレージを搭載しているのだから驚きだ。ただし、microSDメモリーカードスロットは用意されていないので、ストレージを増量することはできない。

 auから発売されたGalaxy Fold SCV44はauオリジナルのアプリケーションをプリインストールするなどカスタマイズが施されているが、グローバルモデルと同様におサイフケータイ、ワンセグ/フルセグ機能は搭載されていない。ワンセグ/フルセグ機能はともかくとして、メイン端末として使うためには個人的には必須なおサイフケータイ機能が搭載されなかったことは残念だ。

 高価な端末だからか同梱品は充実しており、完全ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds」、本体保護用の「アラミドファイバーケース」などが付属している。Galaxy Budsを省いてそのぶん安くしてほしいと思わなくもないが、どのみち高価な端末だからこそ満足度の高いアクセサリーを同梱しているのだろう。ひょっとしたら有線イヤフォンのケーブルを引っかけたことによる落下、破損を防ぐために、Galaxy Budsを同梱したのかもしれない。

同梱品一覧。左上から本体、アラミドファイバーケース、説明書、Galaxy Buds、USB Type-Cケーブル、OTG対応USB変換アダプター、SIM取り出し用ピン
完全ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds」(実売価格1万7000円前後)。音楽再生時、単体で最大6時間、充電ケースを使用すれば最大13時間の連続利用が可能だ
アラミドファイバーケースは非常に薄く作られている。カメラ部は飛び出してしまうため、テーブルなどに置くときにはディスプレー側を下に置いたほうがよい

スマホと考えると重く
タブレットと考えると妥当な重量

この特集の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!