このページの本文へ

ナベコの公開処刑ダイエット第442回

(体重を公開しつつ)飯コラムやってます

セブンのおにぎりがおいしくなった! 今すぐ試せる身近な食トピック3

2019年02月18日 20時30分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アスキーのグルメ担当ナベコです。ヒパヒパ!

 ごきげんよう。アスキーのグルメ担当ナベコです。この連載はたくさん飲み食いしているグルメ担当の記者が無謀にもダイエットに挑戦するというのがテーマです。気になっている飲食系の情報も書いていきますよ。コラムとしてお楽しみいただければと思います。

身近な食情報だから興味深々!

 アスキーのグルメ担当と名乗っていながらこう言うのもどうかとは思いますが、「グルメ」という言葉はちょっとしっくりこないことも。もともと、食通とか、美食家といった意味が強いではないですか。最近だと、飲食全般を「グルメ情報」とフレキシブルに使ったりするし、アスキーで扱うフード情報も「カップ麺」や「ポテトチップス」とかであっても「おいしい!」ことには違わないので「アスキーグルメ」とさせていただいています。

 本当は「foodie(フーディ)」という言葉が当てはまります。フーディは食べることが好きで、食事への探究心が強い人のこと。同名のカメラアプリもありますが。

 コンビニフードや低価格のお菓子、ジャンクな味付けのフードには、本格的なグルメとはまた違ったフーディ的な掘り下げどころがたくさん。今回は記者ナベコが、誰にとっても身近で今すぐ試したくなる食のトピックスをお伝えしますよ。

セブンのおにぎりがおいしくなった

 セブン-イレブンは2月5日から「手巻おにぎり」を全面刷新しています。手巻おにぎりとは、パリパリの海苔がついたタイプのおにぎりです。「紅しゃけ」「辛子明太子」「ツナマヨネーズ」など。

 一番の刷新ポイントは、精米方法変更することでお米の旨みと食感を向上させた点だそうで。

 ……といっても言うほど変わってないんじゃないかな、と、あまり構えずに「ツナマヨネーズ」を食べたのですが。いやあ! びっくり! めちゃんこおいしくなっていました。

 お米の舌触りがこれまでと全然違います。お米とお米の間に空気が入って、ひと粒ごとにパラリとほぐれます。密度が軽くなって、喉の通りもよくなりました。コンビニのおにぎりはどんどんおいしくなってきているので、以前のセブンのも十分に高水準だと思っていのですが……。機械で製造しているのが驚きなくらい、ひと粒ごとのお米のおいしさを感じました。

 私は最近、コンビニのおにぎりは「オムライス」とか「チャーハン」あたりを選びがちで、定番の海苔のおにぎりを食べていなかったのですが、感激するほどのおいしさだったのでこれからもリピートしそうです。

午後ティー×ポッキー=ティラミス?

 「午後の紅茶」と「ポッキー」がコラボ。「キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫る チーズミルクティー」と「江崎グリコ ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>」を一緒に食べると、口の中で「ティラミス」味になるとか。両製品は2月12日から発売中。

 キリンと江崎グリコのコラボは今年で5年目。毎年、アップルティーとカスタード味のポッキーでアップルパイ風味、いちごティーとポッキーのバニラ味でショートケーキ風味といった、口の中で生まれるハーモニーを売りにしたコラボ製品を展開してきていました。

 今回は、「チーズミルクティー」(これまた気になる)と「コーヒー&ココア」味ポッキーで、ティラミスになるとうたっているのですが……。

 私が試したところ「お、ティラミスだ!」となりました。ティラミスというと、コーヒー風味とマスカルポーネチーズがキモである洋菓子。ポッキーがビターなコーヒー風味で、紅茶は後味にマスカルポーネの風味が残るので、掛け合わせるとティラミスの要素が揃うのです。

 ただ、編集部で食べたところ賛否両論でした。「思ったほどティラミスじゃない」「ポッキーと午後ティーがクチの中で一緒にならない」といった声が。あと、紅茶もポッキーも甘いので、「甘くなりすぎる、紅茶をすっきりさせてほしい」という好みの話も出たし「なんでティラミス? 口の中でティラミスになったからってなんかいいことが?」というぼやきも。

 ……いやいや、そんな元も子もない。みんな好き勝手すぎでしょ、とひとこと言いたくなりましたが、ただなんというか、盛り上がりましたよ!

 複数人いるときにあると話のタネになるはず。パッケージがかわいらしいデザインなので、男性の方は手にとりづらいかもしれませんが、思い立った時に試してみてはどうでしょう。本当にティラミス味がするかどうか。私は「ティラミス!」と思ったので、正しいかどうかぜひ味わってほしいです。

湖池屋「スコーン」が32年ぶりにリニューアル

写真は「憧れのクアトロチーズ」、「どはまり濃いもろこし」。他に「がっつきバーベキュー」があります。

 湖池屋の定番スナック菓子「スコーン」がリニューアルしました。スコーンがリニューアルしたのは、なんと1987年の初登場以来32年ぶりだそう。2月12日からリニューアル版が販売されています。

 生地に、スイートコーンパウダーを練りこみ風味を強化。また、カリッとザクッとした食感もパワーアップさせたとのこと。

 スコーンはロングセラーだけに昔からのファンは多いものの、若年層にあらためてアプローチしたいという狙いがあるそう。パッケージのデザインも、これまで親しまれてきた横ロゴのデザインから縦ロゴのデザインに変更。「ハラペコング」といった新キャラクターも配しています。

 食べてみたところ、これまでのスコーンの濃厚なおいしさはそのままで、食感がグッとよくなっていました。今まで以上にザックザク。しかも、袋を開けたまましばらく放置しておいても湿気りにくかったです。時代に合わせて質を向上させたのだな、というのがよくわかりました。

 スコーンファンの人にとっては、食感がよくなってうれしい! ただ、最近の若い人、特に小さいころからスマホを手にしている世代には手が汚れるスナック菓子が不評という話も聞きますし、手にたっぷりと粉がつくスコーンがウケるのでしょうか。うーん。私はスコーン好きだから、当たってほしいな。

スナックも大きくなったような。

 スコーンはお酒のおつまみにもぴったり。みなさんも新しいスコーンがどう変わったか、ぜひ試してみてほしいです。

 以上で、最近私が気にしているささやかなフードトピック3でした。食事への興味はつきないです。あと、お酒を飲みたい気持ちも。ああ、今日もお酒飲みたい。ヒパヒパ!

アラサー記者が食べたもの

●957日目

朝 カレーライス
昼 サンドイッチ 海苔巻きなど
夜 たこ焼 豚肉の炒め物など

お昼はローソンストア100で開催中の「シビれる辛さフェア」のおにぎりやサンドイッチを食べました。写真は「シビれる辛さの焼肉巻セット」。ほどよい辛さでおいしかったです。
夜はたこ焼飲み。

●958日目

朝・昼 鴨南蛮
夜 肉

お休みだったので、昼から蕎麦やでビール。
鴨南蛮。
夜はお肉! リブロースの部分です。
希少部位イチボ。たまらない!

●959日目

朝・昼 とろろご飯
夜 海老と牡蠣のクリーム煮 鴨鍋 キッシュなど

ホームパーティー。
お酒が進みます……!

●960日目

朝・昼 キムチご飯
夜 麻婆春雨 牡蠣の炒め物など

中華料理屋さんで飲み。
麻婆春雨。
牡蠣ときのこの炒め物。この季節、牡蠣がおいしい。

 さて、体重はどうなっているか?

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!