このページの本文へ

科学・生物で気になることをお届け! 「数式なんて知らんし!!」 ― 第7回

宇宙の始まり ひも編

宇宙の力を統一せよ!〝 超ひも理論〞ってナニ?

2019年02月20日 12時00分更新

文● イラスト●せれろんやまだ(@Celeron_ymd

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

世界は“ひも”でできている!?

 どうも科学者は、関連性のあるものや答えを1つにまとめたがりますね。偏見かもしれませんが、やはり理系の習性でしょうか? せれろんやまだもそうです。次々と自分や周りに起こる事象の原因や答えを1つにまとめて納得したいタイプです。もっといえば、そこに行きつくまでの過程を楽しむタイプです。

 そんな科学者たちが、この宇宙を担う素粒子をつなぎとめている4つの力(『重力』、『電磁気力』、『強い力』、『弱い力』)が、もともとは〝1つだった〟とまとめるために考え出した理論が、今回のお話『超ひも理論(超弦理論)』です。完璧に説明しようとすると、本1冊以上書けてしまいますが、何とか2ページでライトに理解してみましょう。

 超ひも理論、というと、科学をさらっとご存じの方は「科学の行きつく先のような理論」と捉えているのではないでしょうか? はい、個人的にはそれでだいたいあっていると思います。超ひも理論は、先ほど書いたように、〝宇宙を構成する4つの力を1つにまとめる理論〟で、物質(素粒子)の単位を、〝点〟ではなく〝ひも〟と捉えます。この超ひも理論、理論的には、いろいろな矛盾を解決していますが、〝現段階で実験のしようがない〟のと、〝理論的にまだ不完全〟なところから、定説とまではいっていません。

 はい、これまでこの『数式なんて知らんし!!』を読んでいただいている方は若干イラッときたかもしれません。これまでさんざん、量子である素粒子は粒と波の性質を併せ持っている、と言ってきています。ここにきて〝ひも〟とは何だよ! って感じですよね。すみません、とりあえずここはひとつ〝気にしないでください〟。ひもと捉えると、理論になってしまうということですから……。

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。科学好きが高じてついに連載開始。夢は家事を放棄すること。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!