このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

アスキースマホ総研・白書第75回

OPPOスマホ「R11s」は買いなのか ファーウェイ「HUAWEI Mate 10 Pro」と比較レビュー

2018年02月28日 17時30分更新

文● 中山 智 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

黒船「OPPO」が日本に上陸!
中国メーカーが日本で覇権争い!

 日本メーカーの撤退が続くスマートフォン市場では、ふたつの中国メーカーが注目を集めている。そのひとつがファーウェイで、スマートフォンのシェア世界3位となっており、日本でもSIMフリー市場では1位の座に君臨している。最近ではauから「HUAWEI nova 2」も登場し、さらに日本でのシェアを盤石のものにしそうだ。

 そんな日本市場に乗り込んできたのが、同じ中国メーカーのOPPO。日本ではまだ聞き慣れないブランドだが、実はスマホ世界シェアではファーウェイに続く第4位。特にインドネシアやシンガポールといった東南アジア諸国で高い人気を誇り、アジア地域ではシェア1位とも言われている。

 OPPOが東南アジア諸国でシェアを伸ばしてきたのは、その大胆な広告戦略によるところが大きい。街中には屋外広告物を大量に投下。さらに小売店には販促物を提供し、なかばOPPO専門店のようなイメージのショップをプロデュース。さらに現地の有名芸能人をCMに使うなど、認知度アップを積極的に行なってきた。こういった広告戦略を推進していた責任者の鄧宇辰(トウ ・ ウシン)氏が、今回日本に設立されたOPPO JAPANの代表取締役に就任している。OPPOをアジアナンバーワンまでに育て上げた手腕が日本でも期待されているのだ。

 一方のファーウェイはモバイルルーターも含めて、かなり古くから日本市場に参入しており、いわゆる「格安スマホブーム」の火付け役ともいえる。コストパフォーマンスと、評価の高いカメラ性能で日本でのSIMフリー市場を牽引してきたメーカーだ。

カメラ機能で抜きんでる両メーカー

 両社の端末の特徴と言えば、なんといってもカメラ機能。ファーウェイはハイエンドモデルでカメラメーカーのLeicaと組み、デュアルレンズで高品質な仕上がりがウリ。一方のOPPOも、今回投入した「R11s」はカメラフォンと銘打つほど。ファーウェイにも人物写真をキレイに撮影するビューティーモードは搭載されているが、実はビューティーモードを採用したのはOPPOのほうが先。メインカメラだけでなく、インカメラのセルフィーに力をいれるなど、注力しているポイントは両社とも似ている。

 そこで今回は、両社の最新モデル「HUAWEI Mate 10 Pro」と「OPPO R11s」を徹底比較。両社のスマートフォンから、日本での戦いはどちらに軍配が上がるかチェックだ。

HUAWEI Mate 10 ProとOPPO R11sの特徴を比較

HUAWEI Mate 10 Pro
実売価格:8万4000円前後

 「HUAWEI Mate 10 Pro」は、ファーウェイのスマートフォンの中でもハイエンドに位置付けられるモデル。CPUは同社が開発したクアッドコアのKirin 970を採用。このCPUはAI対応CPUとも呼ばれており、専用のNPU (Neural-Network Processing Unit) を搭載。写真の判定などを高速かつ低電力で処理できるのが特徴だ。

 カメラは背面がデュアルレンズで、両方とも同じセンサーを搭載しているが、片方はカラー、もう片方はモノクロと役割分担されている。片方をモノクロセンサーにすることで、より明るさの感度が高くなり、明るい場所での白とびや暗い場所でのつぶれなどを抑えて、クッキリとした写真を撮影できる。

 ディスプレーは6型の有機ELパネルを採用し、解像度は1080×2160ドット。アスペクト比は最近のハイエンドではスタンダードになりつつある18:9。指紋認証センサーを背面に配置しているため、上下も含めて狭額縁を実現しており、ディスプレーの専有面積が大きいのもポイントだ。

 USB Type-Cの端子からHDMIなどで外部ディスプレーに画面を出力すると専用のUIに変わり、PCライクに使えるのもポイント。接続中のMate 10 Proはタッチパッドやキーボードとしても使え、簡単な仕事ならこれで十分だろう。

 SIMスロットはデュアル仕様で、いわゆるDSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)に対応しているが、microSDカードスロットはなく、写真や動画といったコンテンツも含めてすべて内蔵ストレージに保存する必要がある。そのほかIP67の防水・防塵にも対応するので、水気のある場所やアウトドアでも安心して使用できる。

上下のベゼルも狭く、スッキリとした印象
背面はカメラレンズ2つと指紋認証センサーが縦に並んでいる
4G+4Gでの待受が可能だが、microSDには非対応
外部ディスプレーにつなげて、PCのように扱うこともできる
ファーウェイ「HUAWEI Mate 10 Pro」の主なスペック
ディスプレー 6型有機EL
画面解像度 2160×1080ドット
サイズ 約74.5×154.2×7.9mm
重量 約178g
CPU HUAWEI Kirin 970
2.36GHz×4+1.8GHz×4(オクタコア)
メモリー 6GB
ストレージ 128GB
OS Android 8.0(EMUI 8.0)
対応ネットワーク LTE:バンド1/2/3/4/5/7/8/9/12/17
/19/20/26/28/32/34/38/39/40/41
W-CDMA:バンド1/2/4/5/6/8/19
DSDS(4G+4G) ○(DSDV)
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:1200万画素(RGB)+2000万画素(モノクロ)
/イン:800万画素
バッテリー容量 4000mAh
SIM形状 nanoSIM×2
USB端子 Type-C
カラバリ ミッドナイトブルー、チタニウムグレー

OPPO R11s
実売価格:6万2500円前後

 OPPOが日本参入第1弾として投入したのは、同社の最上位モデル「OPPO R11s」。Mate 10 Proと同じく18:9のアスペクト比で有機ELパネルを採用。ディスプレーサイズも6.01型で解像度は1080×2160ドットと数値的なスペックはほぼ同等。

 カメラ機能は背面がデュアルレンズで、こちらも1600万画素と2000万画素のセンサーを搭載しているが、どちらもカラーセンサーとして使用する。1200万画素のほうは通常光で使い、2000万画素のほうは4つの画素をひとつのブロックとして受光感度を高めることで、暗所での撮影に強い。それぞれユーザーが意識して使い分けるのではなく、自動で切り替えてくれるので、シャッターを押すだけで最適な撮影ができる。

 ディスプレー下部から上にスワイプするとコントロールセンターが表示されるなど、ユーザーインターフェースは一般的なAndroid端末よりiPhone Xに近い。ホームボタンなどディスプレー下部のナビゲーションキーを非表示にして、iPhone Xのように画面下部からのスワイプ操作をホームボタンに割り当てる設定も可能だ。

 指紋認証センサーは本体の背面に配置されている。生体認証はそのほか顔認証機能も装備しており、認証速度は0.08秒と高速。実際に登録して使ってみたが、ディスプレーをこちらに向けた瞬間にロックが解除されており、精度もかなり高い。

 SIMスロットはnanoSIM×2だが、片方はmicroSDとの共用となっている。

こちらも18:9のアスペクト比で、6.01型と広画面
カメラレンズは背面左上にあり、横に並んでいる。指紋認証センサーは楕円形
SIMスロットは4Gと3GのDSDSに対応し、片方はmicroSDとの共用
Type-Cではなく、microUSBコネクターを採用。上下のエッジの部分が凹んでおり、指でスピーカーなどを塞ぎにくくしている
「OPPO R11s」の主なスペック
メーカー OPPO
ディスプレー 約6.01型有機EL
画面解像度 1080×2160ドット
サイズ 約75.5×155.1×7.1mm
重量 約153g
CPU Snapdragon 660
2.2+1.8GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 7.1
カメラ画素数 アウト:1600万画素+2000万画素
/イン:2000万画素
対応バンド LTE:1/2/3/4/5/7/8/18/19
/20/26/28/38/39/40/41
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
DSDS
バッテリー容量 3205mAh
生体認証 指紋、顔認証
USB端子 microUSB
SIM形状 nanoSIM×2
カラバリ シャンパーニュ、ブラック、レッド

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!