このページの本文へ

ナベコの公開処刑ダイエット第326回

三十路が体重を毎日公開!

ディープな街「野毛」で初飲み~600、601日目~【倶楽部】

2018年02月19日 20時30分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アスキーのグルメ担当ナベコです。ポテトチップスの試食会の様子です。写真は自撮り。~薄くても ポテトチップス 熱い味~

 ヒパヒパ! アスキーのグルメ担当ナベコです。この連載は毎日たくさん飲み食いしているグルメ担当の記者が無謀にもダイエットに挑戦するというのがテーマ。食べたもの、飲んだものを晒していきます。

神奈川県横浜市の桜木町界隈の「野毛」。飲み屋さん街です。

 週末、機会があって「野毛」に行ってきました。みなさま、野毛をご存知でしょうか。神奈川県横浜市にある大衆的な飲み屋街で、駅でいうと桜木町駅が近いです。こじんまりとしたお店が立ち並び、東京・新宿のゴールデン街、思い出横丁などに共通する懐かしい雰囲気でした。

 野毛が栄えたのは戦後からのようで、戦後、駐留軍に接収されなかったので、焼け野原に戸板1枚の上に品物を置いて売買が行われたのが始まりで「野毛に行けば、何でも揃う」という街になったそうです。(参照:野毛本通り商店街

 以前は、男性が集う街という印象が強かったそうですが、最近は新しいお店もできたりして、女性も行きやすい雰囲気になったとか。

 野毛には赤提灯の名店があるという話を聞いていたので、私は以前から気になっていました!

 そうして、初めて足を踏み入れた野毛ですが、聞いていたとおり、ディープ、という感じでした。

 大きなチェーン店などはあまりなく、個人経営らしいお店や立ち飲み屋さんなどが多かったです。赤提灯だけではなく、カラオケ、バー、スナックなども目立ちました。しかも、カラオケ屋さんもチェーン店ではないのが雰囲気がありました。

 お店のコンセプトも不思議なものが多く、例えば「ジャズと演歌のお店」とか「たこ焼きとワインのお店」とか。ですが、突っ込む気持ちもなぜか起きなくなってしまうのが、野毛の吸引力。街全体がそんな感じなので、磁場の中を歩いているような浮遊感がありました。

 入ったお店はとある馬肉料理屋さん。価格はすっごく安いというわけではなく、すっごく高いというわけではないですが、飲み物も食事もボリュームたっぷりで出てきました。メニュー名にダジャレが込められていたりするのも庶民的です。

 ふりかえってみて、初めての野毛は街の雰囲気にうろたえてしまって、しっぽりとのんべろべろりんできませんでした。また行って、少しずつ野毛を極めていきたいな。

 といっても、野毛の飲食店は全体的に閉まるのが早いですし、東京からだとなかなか行く機会を作るの難しいです。でもまたなんとか!

 餃子の「山陽」、「もつしげ」、「たべもの横丁」などが気になりました。野毛情報ありましたら、ぜひお寄せください!

三十路記者の食事年末年始ダイジェスト 

●600日目

朝 ご飯 梅干し 味噌汁

おやつ ルマンド

昼 お弁当(豚肉の炒め物)

夜 馬鹿肉の鍋 刺身 厚揚げ ベーコン 唐揚げなど

呑みもの ビール ビール ビール 日本酒 日本酒

 お昼の生放送でルマンドアイスをいただきました~。ルマンドがまるごと入っていておいしかったです。

お昼はお弁当を持参。カボチャの煮物、今回はきれいな色に仕上がったのでうれしい。
野毛で飲みました!
馬肉と鹿肉を煮込んだ「馬鹿鍋」なるものを食べました。馬肉は柔らかく、鹿は歯ごたえたっぷり。お麩や豆腐の煮込みも染み染みでおいしかったです。

●601日目

朝 とろろご飯 味噌汁

飲み物 コーヒー

夜 牡蠣鍋

呑みもの ビール ビール 日本酒

夜は、牡蠣が安かったので牡蠣鍋にしました。スープは味噌味。

 さて、体重計測の結果は?

この連載の記事

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!