このページの本文へ

忍者増田のなつかしゲーム年代記第5回

PCユーザーなら『ザ・ブラックオニキス』でRPG初体験が多いハズ!

2016年12月03日 12時00分更新

文● 忍者増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

かつて、アスキー(現KADOKAWA)のゲーム誌「ログイン」や「週刊ファミ通」などで忍者編集者としておなじみだった、現フリーライターの忍者増田が、1980~1990年代のPCゲームや編集者時代の思い出を振り返り、紹介していくというコーナー。ASCII.jp、ASCII倶楽部の読者なら、なつかしい話題が満載のこと間違いなしなのだ!


 みなさんは、初めてプレイしたRPGってなんでしょう? やっぱりファミコンの『ドラゴンクエスト』と答える御仁が多いのでしょうか。ちなみに拙者忍者増田は、BPSというメーカーから1984年に発売された、『ザ・ブラックオニキス』がRPG初体験でした。

 PC-8801mkⅡというパソコンを購入して、アドベンチャーゲームやらアクションゲームやらをガシガシとプレイしていた拙者ですが、ある日、RPGという新しいジャンルに手を染めることになります。

 きっかけは、中学3年の夏休み、同じ塾の夏期講習に通っていた谷川くん。隣町に住んでいた谷川くんは、拙者と同じPC-8801ユーザーだったので、互いにソフトの貸し借りをしていたのでした。この谷川くんが貸してくれたソフトのなかに、当時一世を風靡した3DダンジョンRPG、『ザ・ブラックオニキス』が入っていたのです。

PC-8001mkⅡSR版『ザ・ブラックオニキス』の画面。本作の名物モンスターKrakenとのバトルシーン。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!