このページの本文へ

ASCII.jp 今日のニュースピックアップ第31回

【8/3のニュース】Galaxy Note 7が海外で発表、大判のネガフィルム生産中止

2016年08月03日 22時00分更新

文● オカモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
まず海外で発表されたGalaxy Note 7。国内リリースの可能性は高め!?

 ASCII.jpには1日の間にたくさんのニュースを掲載していますが、その中から注目の話題や記事をピックアップして、アスキー編集部のオカモトが解説やコメントを入れていきます。これを読めば、今日1日のITニュースのキモがわかる!

ASCII編集部 オカモト

 ASCII編集部では主にスマホを担当。スペック重視主義といいながら、あえて安価な製品やクセのある製品を購入して、使いこなす過程を楽しむ傾向も。ちなみにスマホでは、iPhoneよりAndroid、液晶より有機ELが好きとのこと。

Galaxy S7からさらに一歩先に進んだ究極スマホ
Galaxy Note 7の国内発売に期待!

「Galaxy Note 7」詳細レビュー! 翻訳機能や防水対応などペン機能が大幅強化
http://ascii.jp/elem/000/001/205/1205268/

 Galaxy Note 7がついにグローバル発表! ニューヨークから山根博士が詳細レビューをお届けします。サムスンの「Galaxy Note 7」は、これまでのNoteシリーズのスペックを引き上げただけではなく、今年春に発売となった「Galaxy S7 edge」のエッセンスを融合させた、全く新しいデバイスとなりました。果たしてどんな製品に仕上がっているのか、Galaxy Note 7の詳細に迫ります。

水中でのSペン操作!

●ASCII編集部オカモトのコメント

 Galaxy S7 edgeの評価も非常に高いサムスン電子から、今度はGalaxy Noteシリーズの新モデルが発表されました。Galaxy S7に合わせてか、“6”を飛ばして、一気に「Galaxy Note 7」としての登場です。Galaxy Noteシリーズと言えば、やっぱりSペンですが、ペン先が細くなったり、筆圧感知が従来倍の4096段階になるなど、書きやすさが大幅に増しているほか、端末/ペン双方が防水・防塵対応に。なんと水中でもSペンが利用可能というのには驚きです。スマホとしても、極端な狭額縁デザインに加え、虹彩認証対応など、さらに一歩先に進んだ印象です。昨年のGalaxy Note 5は国内ではリリースされなかったため、日本でも入手可能なの? という部分が一番の心配事ですが、サムスン電子の日本法人のサイトに行くと、すでに日本語での紹介ページも用意されています。これは期待してもOKではないでしょうか!?


 ASCII倶楽部では基本的に毎日更新で複数の記事をピックアップしています! そちらもぜひチェックください!

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!