ASCII倶楽部

このページの本文へ

至高のパソコン道 ― 第4回

Surface Book - プロ・ハイアマチュアを驚喜させた、会心の一撃

2016年07月13日 18時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 低価格化と道具化が進むパソコン、しかし本当にハイスペックにこだわる意味はないのか? 高価でも買って損はないパソコンの基準をいま改めて考えてみます。

 かつてパソコンは非常に高価な道具でした。しかしそれだけに、真剣に何を買うか悩み、雑誌の記事などを通じて、性能や使い勝手の良しあしを見極め、実際に試してその価値を実感してきたと思います。

 パソコンの登場から何十年もたち、世の中には安価でそれなりのスペックの製品が蔓延しています。そして多くの人たちはそれを不満なく使っているはずです。それでは、高価なパソコンに意味はないのでしょうか? 最新スペックの価値は失われたのでしょうか?

 そんなことはないと信じたいものです。いま本当にいいパソコンとは何なのか? この連載を通じて考えていくことにします。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!