• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

イベントレポート

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2024August

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

レアモンチャンスも継続して奮闘中

4周年を大胆予想!激戦カウントダウンやリアルイベントの追加情報も【『DQウォーク』プレイ日記#56】

2023年09月08日 11時00分更新

文● Zenon/ASCII

4周年を大胆予想!激戦カウントダウンやリアルイベントの追加情報も【『DQウォーク』プレイ日記#56】

1周年のときに登場した「導きの英雄」装備。4周年は彼らの物語が帰って来るかも……?(願望です)

 スクウェア・エニックスが運営中のスマホ向け位置情報ゲーム『ドラゴンクエストウォーク』(以下、DQウォーク)を題材としたプレイ日記を、毎週金曜日に継続してお届けする連載企画第56回。

 今回は、2023年8月24日より開催中の「前夜祭‘23 4th ANNIVERSARYイベント」の進捗やリアルイベントの追加情報、4周年イベントの予想などをお届けする。前夜祭イベントの開催期間は、2023年9月12日14時59分まで。

激戦メガモン倒せてますか?

 2023年9月4日より開催中の「激戦カウントダウン」イベント。シリーズボスのメガモンスターが1日1回復刻し、倒すと「激戦カウントダウンメダル」がもらえてメタルキングコインなど貴重なアイテム、称号と交換できるイベントだ。

 カウントダウンということで、『ドラゴンクエストVIII』(8)から7、6、5と順番にメガモンが登場(※)。この記事が掲載される日には『ドラゴンクエストIV』のデスピサロが出現しているはず。

※『ドラゴンクエストX』の冥王ネルゲル(冥獣王ネルゲル)がいないのは、カウントダウンの都合上「9」が抜けているためと思われる

4周年を大胆予想!激戦カウントダウンやリアルイベントの追加情報も【『DQウォーク』プレイ日記#56】
4周年を大胆予想!激戦カウントダウンやリアルイベントの追加情報も【『DQウォーク』プレイ日記#56】

枯渇しがちな「とうばつ手形」は不要だが、記念大王スライムのように誰でも倒せるメガモンにはなっていない。SNS上では悲喜こもごもの声が聞こえる

 「どこでも枠」でないのと24時間出現していることもあって仲間が集まりづらく、ほぼソロ討伐を強いられる点が少し不親切に感じた。とくに『ドラゴンクエストVI』のムドーがほぼ最新のメガモンのため倒せず、メダルのコンプリートを断念せざるを得ない人もいたのではないだろうか。

4周年を大胆予想!激戦カウントダウンやリアルイベントの追加情報も【『DQウォーク』プレイ日記#56】

そんななか『ドラゴンクエストV』ミルドラースのこころA、ありがとうございます!

4周年を大胆予想!激戦カウントダウンやリアルイベントの追加情報も【『DQウォーク』プレイ日記#56】

A5つが集まって、ようやくSにグレードアップできる!

 筆者はこのまま行けばメダル8枚すべて揃えられそうなので、順当に限定称号とメタルキングコインを交換する予定。人によって考え方はさまざまなので、より欲しいと思うものと交換しよう。

4周年を大胆予想!激戦カウントダウンやリアルイベントの追加情報も【『DQウォーク』プレイ日記#56】
4周年を大胆予想!激戦カウントダウンやリアルイベントの追加情報も【『DQウォーク』プレイ日記#56】

交換ラインアップ。限定称号が要らない人はそのぶんを「心珠Sボックス」や消費アイテムなどに回してもいい

ウォーキング<EAST>のチケット二次販売が始まってるぞ!

 2023年10月に開催予定のリアルイベント「ドラゴンクエスト ウォーキング<EAST>」。第1回の<WEST>からいろいろとルールが変更され、有料チケットを買う必要がある点にまず注意しよう。価格は2970円で、現在二次販売を受付中。期間は2023年9月13日23時59分までとなる。

4周年を大胆予想!激戦カウントダウンやリアルイベントの追加情報も【『DQウォーク』プレイ日記#56】

公式が出したカンダタの動画いわく、「必ず買える」とのこと

4周年を大胆予想!激戦カウントダウンやリアルイベントの追加情報も【『DQウォーク』プレイ日記#56】

「当選」の文字が特設サイトに残っているのが気になると思うが、カンダタを信じて行きたい日に応募してみよう(10月19日~22日のうちから選択制)

 詳しくは特設サイトを参照してほしい。また、カンダタの紹介動画については下記の記事で取り上げているので、そちらからチェックしてもらえれば幸いだ。

・『DQウォーク』ウォーキング<EAST>の続報が公開!チケットの二次販売は9月7日12時から
https://ascii.jp/elem/000/004/154/4154663/

4周年は何が来る?個人的予想を徒然なるままに

 2023年9月12日に本作は4周年を迎える。周年イベントは毎年大きな節目となっており、1周年時は「導きの英雄」にまつわるお話が展開。2周年時は『ドラゴンクエストV』コラボレーションイベントが開催され、なかまモンスターの実装などシステム面に大きな変化があった。

 3周年時にはカジノが実装されたほか、誰もが1本は持っておきたい超便利武器「メタルキングの剣」が登場した。メインストーリーに関わるイベントクエスト「黄金の勇気」も開催され、四天王の一角・灼爍天ブレアが初登場している。3周年イベントのストーリー内容を振り返った記事もあるので、下記をチェックしてほしい。

・空白のストーリーを振り返る!「iPhone 14 Pro Max」の爆速処理で13章狩りが快適に【『DQウォーク』プレイ日記#26】
https://ascii.jp/elem/000/004/123/4123301/

 さて、これまでの周年イベントを振り返ってみると、相応しいのは「ナンバリングイベント」か「メインストーリーに関わるお話」のどちらかになる。4周年はどちらが来るのだろうか。

4周年を大胆予想!激戦カウントダウンやリアルイベントの追加情報も【『DQウォーク』プレイ日記#56】

先述の「激戦カウントダウン」が8~1となっているため、『ドラゴンクエストIX』コラボが来るとの見方もある

 メインストーリーは先日、第14章が追加されたばかり。ぼちぼちクリアしている人も増えてきた頃だと思うが、やはり物語が進展するのはゲームをやっていて最もワクワクする瞬間だと思う。

 筆者の願望としては、久しぶりに「導きの英雄」関連のお話が来てほしい。最後の四天王(おそらくデイン系)と過去の英雄たちが戦って、現在のプレイヤーがリベンジする燃える展開をもう一度見たい!

4周年を大胆予想!激戦カウントダウンやリアルイベントの追加情報も【『DQウォーク』プレイ日記#56】

「導きの英雄」装備の進化バージョンが新ふくびきに来ても嬉しい。結構このデザイン好きなんですよ

 あとは6つ目の特級職が来るのかも気になるところ。5つ目の特級職・魔剣士が攻撃寄りだったから、『ドラゴンクエストX』の最新職業・ガーディアンあたりが防御寄りの職業として来るかもしれない。ちょっとしたギャンブル(※)になるかもしれないが。

※防御寄りの職業は、強すぎると必須になってプレイヤーの自由度が下がるし、弱いと誰も使わないしでゲームのバランス調整が非常に難しい職業だと思うため。

 または周年ということで新システムを導入できるなら、幻魔を召喚する天地雷鳴士も候補の1つか。4人パーティー+助っ人+幻魔で戦力アップというのも面白い。

 なんにせよ、それらの答えはこの記事が掲載された翌日、2023年9月9日15時にプレミア公開されるスマートウォークで明らかになるだろう。筆者もいちプレイヤーとして、ワクワクしながら動画を見届けたい。

※スマートウォークの公開は、9月9日19時からと発表されました。(2023年9月8日19時追記)

・公式YouTubeチャンネルはこちら
https://www.youtube.com/@DQWalkOfficial

 

【ゲーム情報】

4周年を大胆予想!激戦カウントダウンやリアルイベントの追加情報も【『DQウォーク』プレイ日記#56】

タイトル:ドラゴンクエストウォーク
ジャンル:位置情報RPG
プラットフォーム:iOS/Android
配信日:配信中(2019年9月12日)
価格:基本プレイ無料(アイテム課金型)

<制作スタッフ>
ゼネラルディレクター:堀井雄二氏
キャラクターデザイン:鳥山明氏
音楽:すぎやまこういち氏
開発:コロプラ
企画・制作:スクウェア・エニックス

※画面は開発中のものです。
※開催期間や内容は予告なく変更することがあります。
※詳細はゲーム内お知らせをご確認ください。
※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platform gaming solutionを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
※『ドラゴンクエストウォーク』は安全に遊んでいただくための機能「ウォークモード」を搭載しております。「ウォークモード」に 設定することでスマートフォンの画面を操作しなくても、周囲のモンスターと自動的にオートバトルが実行されます。また、モンスターとのバトル以外にも、近づいたかいふくスポットにも自動で触れるため、HPやMPの回復も自動的に行なわれます。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう

この連載の記事