• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

イベントレポート

注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2023December

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

そろそろ4周年前夜祭イベントが来そう?

恒例のイベント報酬チェック!ギルギッシュは攻撃力減で楽勝に【『DQウォーク』プレイ日記#53】

2023年08月18日 11時00分更新

文● Zenon/ASCII

恒例のイベント報酬チェック!ギルギッシュは攻撃力減で楽勝に【『DQウォーク』プレイ日記#53】

イベント報酬の「お花のパーカー水着上下」+「マグロバスター」。いや、マグロのインパクトよ(笑)

 スクウェア・エニックスが運営中のスマホ向け位置情報ゲーム『ドラゴンクエストウォーク』(以下、DQウォーク)を題材としたプレイ日記を、毎週金曜日に継続してお届けする連載企画第53回。

 今回は、2023年7月26日より開催中の「あぶない夏の異世界旅行 ~さらなる水着を求めて~」の進捗や、「錬金百式 ドラゴン編」および新メガモンスター「水竜ギルギッシュ」の討伐記録などをお届けしよう。イベントの開催期間は、2023年8月24日14時59分までとなる。

周年前にゆるめのイベントで助かります!

恒例のイベント報酬チェック!ギルギッシュは攻撃力減で楽勝に【『DQウォーク』プレイ日記#53】

 この前の「DQVI」コラボレーションイベントが長丁場だったこともあり、個人的には今回のイベントはゆるめの調整に感じた。外は酷暑で長時間あるくのもしんどいので、正直非常に助かる。

 そんな今回のイベントもあと1週間で終幕となる。ここでは恒例となる、イベント報酬のアクセサリやこころなどのリストアップをしていこう。

■限定装備/アクセサリ
・★4お花のパーカー水着上(釣りの★累計報酬)
・★4お花のパーカー水着下(釣りの★累計報酬)
・★4ビーナスのなみだ(強敵討伐P報酬)
・★4マグロバスター(強敵討伐P報酬)

■限定家具/スタンプ/心珠
・わかめ王子の置物(強敵討伐P報酬)
・クラーゴンの置物(強敵討伐P報酬)
・水竜ギルギッシュの置物(釣りの★累計報酬)
・限定スタンプ「そーれ ぱふ…ぱふ…」(釣りの★累計報酬)
・イカいの扉の心珠S(釣りの★累計報酬)

■限定こころ(色/コスト)
【強敵】
・わかめ王子(緑/147)
・クラーゴン(赤/126)

【復刻メガモン】
・ギガンテス(青/84)
・ゆうれい船(黄/125)
※「竜王」「グレイツェル」は2023年9月20日まで出現。「水竜ギルギッシュ」は常設入りのため期間未定

 報酬の獲得難易度は比較的ゆるめだったので、釣りの累計報酬と強敵討伐報酬は取りやすいと思う。とくに「お花のパーカー水着」は見た目装備としても実用的なので、ぜひ回収しておきたい。

 あとは「水系の心珠」が獲得しやすいキャンペーンも、本イベントと同時に終了する(2023年8月24日)。系統ダメージの特攻&耐性は、今後なにかと役立つ場面も多いと思われるので、余裕があれば心珠生成も回しておこう。

恒例のイベント報酬チェック!ギルギッシュは攻撃力減で楽勝に【『DQウォーク』プレイ日記#53】

レアな「イカいの扉の心珠S」を作るには運と大量の心珠ポイントが必要だが、水系の心珠なら比較的手に入りやすい

錬金百式と新メガモンについて

恒例のイベント報酬チェック!ギルギッシュは攻撃力減で楽勝に【『DQウォーク』プレイ日記#53】

 先週より追加された新「錬金百式クエスト」のドラゴン編。正直スライム編よりはるかに戦いやすく、2日間ほどで100戦終えてしまった。

 イオ/バギ/ジバリア/ドルマの斬撃弱点ということで、メタルキングの剣/鎧の魔槍が大活躍。アンコール兼回復用に大神官を入れているが、4人攻撃にしてもいいかもしれないと感じている。

恒例のイベント報酬チェック!ギルギッシュは攻撃力減で楽勝に【『DQウォーク』プレイ日記#53】

出現するのはドラゴン系のみ。心珠は属性より系統ダメージUPのものを採用したい

恒例のイベント報酬チェック!ギルギッシュは攻撃力減で楽勝に【『DQウォーク』プレイ日記#53】

スライム編ではほぼお目にかかったことがない、1ターン討伐の紫宝箱もそこそこ獲得できる。これなら毎週の錬金百式もなんとかなりそうだ

恒例のイベント報酬チェック!ギルギッシュは攻撃力減で楽勝に【『DQウォーク』プレイ日記#53】

 新メガモンスターの「水竜ギルギッシュ」は常設枠のボスだけあり、それほど嫌らしい行動はしてこない印象。弱点はバギ/イオ/ドルマ/ジバリアで、たまに転びや眠りにしてくる程度。HPもそこまで高くないのか、比較的倒しやすい部類のボスだと思う。

恒例のイベント報酬チェック!ギルギッシュは攻撃力減で楽勝に【『DQウォーク』プレイ日記#53】

「ちからをためる」の次のターンに発動する大技「大海の大嵐」。全体多段ダメージを受けるが、ヘナトスを2段階入れていればそれほど恐れなくてもよさそう

恒例のイベント報酬チェック!ギルギッシュは攻撃力減で楽勝に【『DQウォーク』プレイ日記#53】

筆者の攻略パーティーはこちら。魔剣士(竜神王)/大魔道士(メドローア)/大魔道士(ドラゴンのつえ)/大神官(肉球)

 戦略としては「竜神王のつるぎ」のいきなりスキルで自動的に1段階ヘナトス(攻撃力減)を入れ、「ドラゴンのつえ」の「竜の暴風(バギ)」でもう1段階ヘナトスを入れつつ攻撃していく。これでギルギッシュの攻撃は大部分を弱体化できる。

 もしこれらの武器がなければ、ワルぼう(紫/92)やドラティー(紫/77)のこころSを装備することでも、ヘナトスを使えるようになるので、お試しあれ。

 まだ筆者は加護無し&ソロ討伐を試せていないので、あまり「楽勝!」と書くのもはばかられるが、今のところ上記の戦法で危なげなく戦えている。常設メガモンなので出現期間が長く、戦える機会が多いのも助かるポイントだ。いまはそれほど焦らず、1日1回のどこでもメガモンを忘れないようにだけ注意しよう。

恒例のイベント報酬チェック!ギルギッシュは攻撃力減で楽勝に【『DQウォーク』プレイ日記#53】

なお、筆者は魔王覚醒の10万歩ミッションに苦戦中。残り日数の余裕はまだあるが、来週には何とか終わらせたい!……もう暑過ぎちゃって 全然歩けなくってェ…

 

【ゲーム情報】

恒例のイベント報酬チェック!ギルギッシュは攻撃力減で楽勝に【『DQウォーク』プレイ日記#53】

タイトル:ドラゴンクエストウォーク
ジャンル:位置情報RPG
プラットフォーム:iOS/Android
配信日:配信中(2019年9月12日)
価格:基本プレイ無料(アイテム課金型)

<制作スタッフ>
ゼネラルディレクター:堀井雄二氏
キャラクターデザイン:鳥山明氏
音楽:すぎやまこういち氏
開発:コロプラ
企画・制作:スクウェア・エニックス

※画面は開発中のものです。
※開催期間や内容は予告なく変更することがあります。
※詳細はゲーム内お知らせをご確認ください。
※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platform gaming solutionを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
※『ドラゴンクエストウォーク』は安全に遊んでいただくための機能「ウォークモード」を搭載しております。「ウォークモード」に 設定することでスマートフォンの画面を操作しなくても、周囲のモンスターと自動的にオートバトルが実行されます。また、モンスターとのバトル以外にも、近づいたかいふくスポットにも自動で触れるため、HPやMPの回復も自動的に行なわれます。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう

この連載の記事